2010年 ヒット商品

On 2010年11月6日, in 1.仕事・企画・戦略, by hirotamaki

この時期の定番記事として・・・

2010年のトレンドは「プチ贅沢」、2011年にブレイク必至の「得するジオゲーム」とは?

日経トレンディ、ヒット商品ベスト30を発表 :日本経済新聞

月刊情報誌「日経トレンディ」が『2010年ヒット商品ベスト30』と『2011年ヒット予測ランキング』を2010年11月2日に発表した。  ヒット商品ベスト30は、「売れ行き」「新規性」「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、独自にランク付けしたもの。同誌が1987年の創刊以来、毎年12月号で掲載してきた恒例企画だ。


上記を参考にしていただくとして、不景気といわれながらもヒット商品といわれる各商品はそれなりに支持される理由がある。しかし、どちらかといえば消耗品が多く耐久品は少ない感じ。スマートフォンやiPadは別として食品が多い(写真でご覧になった方が直感的に判るかも?http://bit.ly/bblQsC

景気が良かろうが悪かろうが腹は減るので仕方がないですよね。我が家のようにエンゲル係数が限りなく100%に近いなら耐久品なんてとてもじゃないけど手がでないですw

ダイソンの扇風機?は17位、これはかなりの優れものではないかと思います。しかし価格が高いですね。

「もしドラ」が25位にランクインしているのは、嬉しいような悲しいような何とも言えない微妙な気持ちになります。

偉大なコンサルタント:95歳の詩

米経営学者ピーター・ドラッカー 私が経営コンサルタントの仕事をしようと決めるのに強く影響を与えてくれた方です。

企業は常に環境適応しなければなりません。変化が激しく先々が読みにくい時代なのかもしれませんが、それでも尚、先を読み込みながら、できれば時代の先端で事業展開できるようなポジションにシフトするようアンテナの感度を上げておくことをお薦めします。

来年は何がヒットするのでしょう?今から予測をして可能ならメインストリームに入り込めるよう準備したいものです。仕事柄ホンの少しだけ先に一歩踏み出すのが好きです。勇み足も多々ありますが(笑)命までは無くならないので楽しめます。(もちろん、お金や信用はなくなりますよ!!)

ちなみにこちらが昨年2009年のヒット商品です。http://www.bestmax.com/wordpress/?p=611

ではでは。

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ