ガラクタを捨てよう!!

On 2010年11月29日, in 3.人生・問いかけ, 5.本, by hirotamaki

今日誕生日でした。この時期にしては穏やかで暖かい陽気でした。とにかく元気で生きていられるだけで充分だと感じます。とてもありがたいことです。感謝します。

A worth of life means neither what you obtained nor what you collected but you bestowed!!

これは私のe-mailの署名に添えている文章です。

この時期に毎年大掃除というかガラクタを捨てます。12月には皆様もきっと大掃除をすると思います。掃除の前に是非下記の本を読んでください。風水とか書いてますが、そんなことはどうでも良くて、おそらく読み終わる途中から?あるいは読み終えたら直ぐに「ガラクタ」を捨てたくなると思います。私がプレゼントして今まで最も喜ばれた本です(安上がりでしょう!)。

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

ここでガラクタの定義が実に難しいのです。大切なガラクタとか??

過去、個人的に悩んで捨てたものは約3000冊の本でした。何しろレンタルboxを借りて保管していたのです、実は2度読む本はほとんど無く、全部ゴミだと思うことにしました。おまけにレンタルbox代金を払い続ける費用で新しい本を買うには充分だったのですから(笑)それと若い頃から持ちつづけていたレコード(LP)です。ターンテーブルすら無いのにです!!馬鹿みたいでしょう?

「男性は本や趣味で集めたものを捨てるのに躊躇する、女性は衣装を捨てるのに躊躇する」・・・どこかで読んだ記憶があります。捨てるのに抵抗があるなら寄付とか誰かに再利用してもらうとかの方法を選ぶのも良いでしょう。

その他、思い出のモノなども手放せないかも知れませんね。無理に処分する必要はないでしょう。いずれにせよこの本を読む前にゴミ袋を10枚ほど用意しておくことをお勧めします。とにかく捨てたくなりますから!!

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

さて、捨てても 捨てても 最後まで残る何かがあります。

きっと自分にとってとても重要で価値のあるモノだと思います。もしかしたら記憶の片隅に追いやられて忘れていた何かを思い出させてくれるかもしれません。そんな発見を期待しながら掃除するのも楽しいと思います。今年もあと1ヶ月、年末年始の慌しさに飲み込まれる事無く、心穏やかに過ごしましょう!!寒くなってきます。お身体を大切に!!

Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ