この記事は過去の記事の続きになっています。

よろしければこちらもどうぞ、自分に出来ること-1‐2-3-4

2010のラストエントリーとして、このタイトルで書きたかったのでホッとしてます。さて、自分できることとして健康、学習、人、お金と書いてきました。振り返ると、私のライフスタイルの優先順位はこの順番になってるような気がします。今回は「その他」がテーマなので多少迷います。自分できる事はいつも自己満足の域をでるはずもなく、また本当に誰かの役に立っているのかどうか分かるはずもありません。そもそも、このブログ、あるいは過去に書きなぐってきた他のブログ記事も誰にも読まれることなくいずれ消えていくことだろうと思います。それでも自己との対話、あるいはその時々の記録として書いているのだと改めて感じます。

もし、この記事を御覧頂いた方に「一言」で何かを伝えるとしたら、

常に「人生を楽しんでください!!」

これしかありません。書けば簡単ですが、実行するのは意外に難しいです。特に「常に」が難しいのです。

ここから先は蛇足になるかも知れませんが、50年以上の人間やってきたオッサンの戯言を5つだけ書いておきます。参考にしてもらえば幸いです。

楽しむための秘訣

◎生き方を決める

あなたの人生です。ある程度の大人なら誰でも決められます。この決断はとても重要です。コレがなければ多分生涯あれこれ悩みながら生きることになるでしょう。この「決断」は全ての問題解決をします。絶対に不安が生まれません。逆に、何か悩みや不安・不満が有るなら、それは「自分が決断できていないからです」。「●●を大切にする」としても良いでしょう。参考までに私自身は「いま、ここ」を生きるです。(というかこの状態でしか生きられない体質ですw)

◎決断した生き方を生きる

決断することと実践することは別物です。通常は多少のブレがが生きる過程で発生します。その時に立ち返るのが「自分が決めた生き方」です。●●を大切に生きると決めたなら、そうすれば良いのです。これだけでスッキリすることは確実です。こういう状態が続けば「楽しい人生」でしょう?

◎自己承認をする

自己満足と自己承認は似て非なるものですから注意してください。自分を甘やかすと自分を許すの違いと言い換えてもよいでしょう。決して他人からの承認を求めない事です。他人に認めてもらうは嬉しい事かもしれませんが、あなた自身を弱くしてしまいます。いずれ他人の承認無しに生きることができなくなります。微妙なのが、自分が偶然誰かの役にたった時、感謝されます。この心地よさは病みつきになるかも知れません。しかし、深みにはまると「感謝」という見返りを期待して生きる事になります。感謝されないと「●●してあげた」とか言い出す人になります。コレは他人依存の生き方なので楽しいはずがありません。もしあなたが誰かに感謝されたなら「お役に立てて良かったです。」「こちらこそ嬉しいです、ありがとうございます。」程度でサラッと流してしまいましょう。

◎見返りを期待しない(他人の承認を期待しない)

先にも少し触れましたが、あなたの決断で生きているのですから、他人から何かを期待するのはオカシイでしょう?あなたの思うように生きてるのに「それ以上」の何かを手に入れようとするのは強欲です。あなた自身でデザインした人生をあなたが楽しんでいれば他に何が必要なのでしょう?見返りを期待しているなら他人に依存していると言えます。決して精神的に自立してはいません。他人からの「同情」「慰め」「感謝」などを期待した瞬間楽しくなくなります。人生を楽しめないなら、「決断」が出来ていないのか「ブレ」ているのかも知れません、チェックしてみましょう。

◎すべに感謝する

あなたが生きてる事実に最高最大の感謝しましょう。あなたの周辺で起きてる事を「感覚」出来るのは、あなたが生きてる事を証明してくれています。これは途方もなく豊で美しい恵みです。もう他に何も要らないと思えるほどです。どうでしょう?楽しい感じ伝わりますか?あなたの人生は最初から楽しくセットアップされているという事に気がつけば良いのです。無条件に楽しめるでしょう!!(これ以上書くとそこらの辺のスピリチュアルブログになりそうなので止めます)感謝は「される」のではなく「する」のです。

最後に私の挨拶文とそれをgif化したものをご紹介しておきます。

最高最大の在り方を基本とし、変化という一貫性を中心に見極めることを忘れない。「一期一会」今この時、ここだけに存在する自己を純粋に体験できることこそ至福。自分自身を不確定で、無常な存在とし、意識の中で起こる単なる瞬間瞬間の体験的現実だとしなければならない。なんてことを言ってると世の中住みにくいので・・・・・しなやかに?わかりにくいと思ったらこちら(gif)

こちらも参考になるかも知れません「逆説の10カ条」

Enjoy your life!

皆様にとりまして、来年が素敵な一年になりますことを祈念致します。

本年もありがとうございました。

この記事は関連するかも?

 

1 Response » to “自分に出来ること-5 一言で「何かを伝えるとしたら」”

  1. […] 参考記事:自分に出来ること-5 […]

コメントをどうぞ