リーダーシップについては経営だけではなく、ほんの2,3人の集まりでもリーダーシップを発揮する場面があります。「リーダーとは・・・」と定義する事はさほど難しい事ではありません。しかし、実際の組織(チームやグループ)でリーダーは常に「誰かをリード」する必要があります。

効果的にリーダーシップを発揮したいなら、

「あなたのスタイルでリーダーシップを発揮する」のではなく、「部下がリードされたがるスタイルでリーダーシップを発揮」しなければならないのです。

つまり部下の特性に合わせてあなたが変化しなければなりません。

今回はトーマス・F・ストローのH 理論をご紹介します。

図のように車のシフトレバーの動きみたいな感じです(最近はマニュアル車が少ないのでわからないかもしれませんw)

以下に簡単にポイントを記載しておきます。1~5のどれかが優れているのではなく、状況に応じて使い分けができる事が重要です。

  1. 独裁型リーダーシップ
  2. 父権型リーダーシップ
  3. 対話型リーダーシップ
  4. 民主型リーダーシップ
  5. 放任型リーダーシップ



基本的な「考え方」を列記すると以下のようになります。

1.独裁型リーダーシップ:「~しろ」というスタイル

○ 部下が未熟な新人等、あるいは緊急時には効果的。

× 部下が経験豊富で有能な場合は反発、反感を買う事が多い。

2.父権型リーダーシップ:「~すべきだ」というスタイル

○ 部下が未熟で、不満や悩みを抱えているときに効果的。

× 独立心が強く能力が高いと自負してる部下には不向き。

3.対話型リーダーシップ:「君はどう思う?」というスタイル

○ 部下のスタンドプレーが多く、チームワークを強化したい時に効果的。

× 経験が少なく、能力(知識や技術)が不十分な部下には不向き。

4.民主型リーダーシップ「~したらどうだろう?」というスタイル

○ 部下に充分な見識がある、また決定のために比較的時間のゆとりがある時に効果的。

× チームの人数が多い時、情報や知識が不足している時は不向き。

5.放任型リーダーシップ:「・・・」言わずに任せるスタイル

○ 部下が充分に実務遂行能力が高く、部門に最適な意思決定ができる場合は効果的。

× 部下の能力が十分でない時、チームに不安や動揺がある時は不向き。


このように組織の状況やメンバーの能力などに応じてリーダーシップの発揮の仕方を変える事が重要です。

上記はあくまでも考え方であって、実践するにはTA・エゴグラム・NLP・Disc理論・エニアグラム等の手法を取り入れながら、

部下が「リードされたい」あるいは結果として「リードされてた」と思える様に接する必要があります。

要は「部下の立場・人柄」に相応しいリードの仕方が必須です。

あなたがリーダーシップを発揮する必要がある時、是非思い出して下さい。

ではでは。

注)TA・エゴグラム・NLP・Disc理論・エニアグラム等については適当に検索すればたくさん出てきます。コーチングとかカウンセリングの場面でもポピュラーです。研修インストラクター、トレーナー等の職業の方はよく勉強されています。もちろんコンサルタントなら当たり前ですけど。

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

コメントをどうぞ



1 / 11