何だかむりやりなタイトルになってますが、こちらを利用しました。http://pha22.net/hotentry/

で、今回は主婦の方向け?(夕飯を作ることが多い人向けかな?)のエントリーです。

「今晩なに食べたい?」と聞かれて、具体的に答える男性はあまりいないのではないかと・・・、私の場合は、答えは「何でもいいよ」が一番多いです。いや、マジで何でもいいのですが、これは答になっていないのも承知してますハイ!

多少気の利いた?答え(だと思われる)でも「和食」「中華」・・とか、麺類、ご飯物(丼物)とかほとんど無限とも思われるジャンル指定でしかないわけです。

間違っても「マグロホホ肉の炙り焼」、「ジャコと大根のパリパリサラダ」等、居酒屋のメニューにありそうな料理は言ったことがありませんw

で少し、自分の意志を「何かに」任せようと思って開発したのが。こちら「夕飯ひらめきシート」です。

まだ、一度も試したことがないので実用に耐えるかどうかは不明です。まして、自分で料理をするわけではないので、皆さんで試してもらうと嬉しいです。改良してもらえばきっと使い物になるはずです(よね?w)

では、夕飯ひらめきシート取り扱い方法を以下に書いておきます。

1st.Step:メインディッシュを決める

残り物の材料でも、これから買いに行くにしても「料理方法」と「味」でなんとなく決まるのではなかろうか?とかってに想像しました。この表では行に料理の方法、列に味表現を配置してますが、マトリックスですからどちらでも同じことです。ちなみに「乳っぽい」(ちちぽっぽい)とは乳製品(バターとかチーズ)の味をイメージしてます。

さて、ここでは、11~67までの番号を振ってあります。要はその番号でなんとなく決まるでしょう?ということです。番号はなんとなく「覚えてしまうので(多分)」トランプでも何でもいいから数字を任意に決められる小道具を用意しておくことをお勧めします。乱数発生関数を持ち出すまでもないでしょう。味表現とか、料理の方法を6までにすればサイコロ2回振るだけでもOKです。

多分、これだけでほとんど夕飯は自動的に決まる(はず?w)

2nd.Step:その他条件を決める(オプション)

素材は先に決まってるのか、あとで決めるのかはその時の「在庫」次第かもしれません(だから初期設定しておいても構いません)。肉・魚・野菜・・・まぁ、料理のバリエーションとして、色々あるとは思いますが、料理の温度、和食とか洋食とかの・・・・もっと色いろあるのでしょうが、お好みでやってください。スペインだのイタリアンだの・・・世界中の料理が熱いのから冷たいのまで楽しめるはず(ですよねw)

3rd.Step:メインだけじゃ・・・ということで

味噌汁とかスープとかサラダとか・・・これも「夕飯ひらめきシート」で代用できます。まぁ。ここまで来れば大体近所のスーパーに買物にいけば何とか夕飯は出来上がると思います(が如何でしょう?)

もし、料理が思いつかない、あるいは作れない番号が出てきたら、もう一度試して下さい。「できるものしか」できないのです(爆)

で、これだけだと、あまりに軽いエントリーになるので、コンサルタントとしては「商品-市場マトリックス」がヒントになっています(と書いておきます:爆)。行と列には「網羅できる限りの要素」を配置して、一つ一つ吟味する事で抜け落ちや偏りをチェックできます。やっぱりこじつけかな?失礼しましたw

ではでは。

Enjoy your life!!

PS:下に表示される関連エントリーは多分関連しないでしょうw

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ