当たり前の事ですが、

「価値あるいは価値観は決して強要されるものではありません、共有されてこそ価値なのです」

おそらく、多くの人が同意してくれるのではないかと想像します。しかし、この表現、実は微妙にアレなんですw

冒頭の文章は「価値は共有されるべきであって、強要されるのは違う」という事を書いています。この文章そのものが「価値の強要」を内在してることに気が付きます。

このBlogでは「成果を上げるために」(←ココ重要)

  • パラダイムシフトを起こせ!
  • 古い価値観は捨てて、新しい価値観を創造しろ!
  • やり方を探すのではなく、あり方を決めろ!
  • 旧来の方法ではなく、違う方法でチャレンジしろ!
  • 挑戦することそのものに価値がある!
  • 安定は求めるな!挑戦し続けろ!
  • 変化を起こせ!それがリーダーだ!
  • 何事も楽しめ!万象から学べ!
  • 好きなことをやれ!社会貢献しろ!
  • 自分の人生は自分でしか作れない!

・・・・とこんなメーッセージが多いです。表現方法はもう少し”提案調”で書いていますが、かなり「価値の強要」をしています。だからこそ、私はいついかなる時も、そして誰に対しても自分の「あり方」として徹底しています。決して強要するつもりはありませんが、可能なら共有あるいは共感してもらいたいと願っています。(成果は人それぞれですから、ツッコミ無しでおねがいします)

先日の記事(下記)に書いているように

「就活と採活」に騙されないために

私は就職活動の時(30年ほど以前の事です)、Tシャツ、コッパン、ビーサンという服装でした。完全に社会をナメてましたからw。訪問先ではリクルートスーツに身を固めた人しか居ないので当然ジロジロ見られました。ものすごく浮いてましたョ。結果はどの会社も最初の面接で採用が確定しました(私の決め台詞はいつも同じでした)。採用試験を受けたのは有名な商社と流通ですが、全部合格。し かし、全部辞退し、近所の中小企業(流通業)に入社しました。

今も昔も社会は「少なくとも私にとって」まともだとは思えないです。だから年を経た現在でも、愚かだと言われる行動を「つい」してしまいます。社会に絡め取られるのが好きではありません。お金は少ないですが自尊心は多いですw 私にとっては、自己信頼が唯一の拠り所です。

「満足した豚よりは、満足しない人間である方がよい。満足した馬鹿より、満足しないソクラテスである方がよい」:経済学者ジョン・スチュアート・ミル (有名な『太った豚より痩せたソクラテスになれ』のオリジナル

もし、何か迷いがあるなら、絶対的にお薦めの本はこれです。

こちらが関連記事「温故知新-1 自己信頼 」http://bit.ly/fTUD4C

うぅ~ん、昨日に引き続き自分語り的なエントリーになってしまいました。

3月5日の成功実学セミナーに向けてテンションを調整してるからかな?

plugin(amazonjs)の再テストということでw

ではでは、

Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ