「成果をあげる」こと。誰にとっても、何をするにあたっても「自分の意図する成果」が手に入るのは好ましい事です。

成果を上げるためには、性格、強み、弱み、価値観、信条はいかようであってもよい。なされるべきことをなすだけで良い。成果をあげることは習慣である。従って、他の習慣と同じように身につけることのできるものである。そして身につけなければならないものである。(P・F・ドラッカー:経営者の条件)

特に経営者に限らず、誰にとっても必要でしょう。習慣化すると役に立つかも知れないポイントを整理してみました。

目先の雑事に忙殺される事なかれ!

3年先、5年先、10年先のゴールために「今為すべきことを実施する」大切なのは、明日何をするかではなく、明日のために今日何をするかです。あなたにとって、「最も重要なテーマ」に取り組むことを優先しましょう。

小事ではなく、大事を見つめよう!

自分のことばかりではなく、大きな組織/集団に所属している「自分」を見つめ、貢献できる要素と自分の果たすべき役割を明確にしておきましょう。些細なことだけではなく、大きな価値を創出できるテーマを見つけましょう。

アクションプラン設計し実行しましょう!

為すべきことを考えるでけでは「現実はかわりません」、実行する為には行動の計画化がなされる必要があります。状況変化はつきものです。その状況こそが機会だととらえ、柔軟に適応できる能力を発揮しましょう。ゴールを変化させるのではなく、現状をゴールに向けて変化させることが重要です。

無駄なコミュニケーションは減らし、価値あるコミュニケーションを意識しましょう!

おしゃべりはとても楽しいものです。しかし、お互いにとって将来に成果をもたらすコミュニケーションは更に楽しく、成されるべきことが明確になるはずです。限られた時間を有効に活用しましょう!!

趣味・娯楽を存分に楽しみましょう!

仕事における成果や能力向上だけではなく、趣味や娯楽を存分に味わう時間が人生に彩りを与えます。仕事をするために生まれたのではなく、「楽しむために生まれたのだ」と考えても良いでしょう。明日のことなど気にせず、子ども時の様に限界まで遊びましょう!

学びましょう!

どんな状況でも学ぶことは可能です。好奇心を貪欲にもって、発見の喜びを味わえるのは「若さ」だと思います。したり顔で批判的な大人からより、子どもの鋭い質問からのほうが学べるかも知れません。当たり前の出来事にも別の側面が必ず隠されています。全く違う側面があることを常に意識しておきましょう。

健康を維持しましょう!

適切な食事と、適度な運動は欠かせません。自分の身体は自分しかメンテナンスができないのです。アスリートの方はハードな筋トレが必要なら実施していることでしょう。多くの人に必要なのはストレッチではないでしょうか?柔軟さは若さの象徴です。しなやかな身体を手に入れましょう。

独り静かに在る時間をとりましょう!

日々の喧騒から少し距離をおき、独りで静かな時間を過ごすことは心のメンテナンスとして重要です。どこかお気に入りの場所があればそこにいくのも良いでしょう。「あなただけのスペース」をみつけ、静かな時間を過ごすことを心がけましょう。もちろんその時は携帯電話などは無しです。とにかく「静寂」を味わいましょう。

以上のようなことを「全て習慣化」しましょう。一度に全ては困難だと思います。一つでも二つでも習慣化することをお勧めします。

はじめはあなたが習慣を作り、それから習慣があなたを作ります。

好ましい習慣も、悪しき習慣もたったの3週間で「あなたの習慣」です。

ではでは、

Enjoy your life!!

PS:成功では上記の様なお話もします。

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

コメントをどうぞ



1 / 11