少々違った切り口から、この時期だからこそ「組織と調和」を考えてみました。(少々無理がありますw)

自然界の「美」にはアンモナイトに代表されるように自己複製の連続が織り成す美しさがあります。相似象というのでしょうか?とても調和している状態だと思います。Designの分野では当たり前のことです。

子どもの頃「鉛筆を刺してグルグル回すときれいな絵ができる定規」で遊んだこと事があるでしょう?まぁ昭和30年代生まれしかわからないでしょうけどw あれ、デザイン定規っていう商品です。amazonで調べたらありました。チョットビックリしましたが、20個も要らないです(笑)

でこの定規が、私とフラクタルの出会いですね。大げさですけど。この定規に魅了されて、色鉛筆でたくさん描いてました。話が脱線しましたが、この調和こそ美の原点であり、同時にそこには「力(パワー)」があるのではないかと?

ミクロの世界の状態と宇宙の状態が似てるとか他にもありますが、今はごちゃっとした数式とCGでこんな事もできるのです。

動画としては少々暗い感じがあるかも知れないですが、「命」を感じます。「生きてる」って感じ。過去記事生物と無生物のあいだ、とか生命とは何かでご紹介した本を読まれるとわかりやすいかも知れません?

もし、「調和」こそが最大のパワーを発揮する要因だとすれば、この時期、個人のボディの調和(健康)から社会の調和(健全)が必要なのではないかと思います。

そして、日本人は(定義は横に置いておきます)「和の文化」をもち、以心伝心といった非言語によるコミュニケーションも得意です。「組織は目的達成のための手段」であることにはかわりませんが、「それを力強く推進するエネルギーは調和だと考えます」

経営でも、ボランティアでも組織と名付けられるなら、個人的にも

「調和してるか?」と問いかけをして考察する事をお薦めします。

規律や規則だけではなく、ソーシャルに調和して初めてパワフルに機能する

というのは大前提として重要でしょう。

リンクが多い記事になってしまいました。失礼。

ではでは、
Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ