こちらの記事

Life is beautiful: 脱原子力宣言

脱原子力宣言

今回の原発災害についていろいろと調査・考察を積み重ねて行くうちに、一つのことが明らかになってきた。私自身を含めて、これまで大半の日本人(特に首都圏に住む人たちが)が、原発問題を「特定の地方の問題」として軽視して来たという不都合な真実である。

今回の原発災害の根底にある問題をきちんと見つめれば見つめるほど、これは決して他人事ではなく、電気を消費する立場にある日本人全員がもっと真剣に向き合わなければいけない重要な問題だという事が明らになる。そこで、私自身も含めた「今まで原発問題を他人事として軽視して来た人たち」に向けたメッセージを書いて見たので、ぜひともご一読いただきたい。「脱原子力宣言」当然、賛成される方も反対される方もあるとは思うし、私が見逃している点もあると思うので、活発な議論をお願いした。ただし、コメントはこのエントリーにではなく、リンク先のFacebook Noteに直接お願いする(Facebookへの登録が必要)。

を受けて、facebookにもコメントを残しました。(facebook登録されてる方はぜひご覧ください)

ポイントは

1. 原子力発電所および中間貯蔵所の建設の即時停止(建設中のものも含む)

2. 原子力を含まない中長期エネルギー政策の策定

3. 中間貯蔵されている使用済み核燃料の早急な処分

4. 東京電力の一時国有化

5. エネルギー税の導入

これに対して意見を求める「ノート」です。(内容としてはキチンと説明をされています。facebook登録されてる方はぜひご覧ください)

で、Sustainable Community:維持可能な社会 を再度「妄想」しておきます。

原発の事故は明らかに「人災」です。この事故は「なぜ起きたのか」を検証する時間や費用は「無駄」になると考えます。理由は「今度こそ万全な装置を作る」が暗に示されていると思うからです。もちろん、後世に対して学術的な見地からは価値はあると考えられますが、「だからどうした」というレベルでおしまいになるのではないかと?

であるなら、代替エネルギー(もちろん環境負荷はゼロ)の研究開発に限られたリソースを投入する方が良いと考るのは当然でしょう。

同時に、

私が原発のニュースに批判的にならない理由

これを機に、もっとエネルギー効率のよい家電製品や 産業機器が開発される可能性があります。「既存のものより30%-50%生産性が上がれば、原発に頼らなくてもまかなえるはずです」幸い人口も減少気味ですし、経済も停滞気味なのでよい機会です。

に書いたように、既存製品の見直しをはかり、「もっとエネルギー効率のよい製品」を開発するよう、注力するのが良いでしょう。

いずれにせよ、「電気」(電力)を使うことはかわりません。電気は現在社会には必須です。またとても便利です。先の代替エネルギーと言っても「発電」の仕方が違うだけです。太陽光を利用しても、風車を利用しても「発電」してるのです。この発電に水力・火力・地熱・原子力等の種類があるのです。現状最も有力なのは太陽光発電かも知れませんし、地熱発電かも知れません。更には潮力を利用したり、光力(粒子として利用)などの「新しい方法」を考えましょう。という提案です。もちろん国家プロジェクトとして行うべきでしょう。同時に「送電」や「配電」ここでもロスがあります。おそらく見直しが必要でしょう。そして最も厄介なのは「蓄電」でしょう。現在はまだ充分実用レベルに至ってないかも知れませんが「優れたキャパシタ」などの開発が急務です。また、交流ではなく直流の利用、更には全く新しい「未知のエネルギー」かもしれません。

そして、ここで、最重要な観点は「経済性」を一切考えてはならないというこです。コストパフォーマンスを考慮すれば、天然資源が少ない日本では「原発」が現状最も有利だと思います。だからこそ、危険を押し切って稼動させてきたわけです。キッカケが地震であったとしても「言い訳になりません」また、どれほど「完璧な原発」ができたとしても「地面」」に設置している限りは「安全が担保できる地域はありません」二度と同じ過ちを繰り返さない確実な方法は「脱原発」しかないのです。だからこそ大いに「脱原子力宣言」に共感します。

このように、電気を利用する一連のフロー(エンドユーザーまで含めて)を  リデザイン する事は「一切の出来ない理由を受け付けてはならない」と強く決断し、実行する必要があります。後世にバトントッチする時点で「過去の汚物」を引き渡してはならないからです。

話題は少しかわりますが、今回の災害で「津波」被害にあった地域+αのエリアには「人が住む事はもちろん、工場を建てる等の人が常時いる場所にしてはなりません。復旧・復興するなら今回の教訓を生かさなければ「大馬鹿」です。せいぜい無人の太陽光発電所とか「無くしても良い」と考えられる様な設備程度に留めるべきでしょう。どれほど高い堤防を作ろうが、どれほど堅牢な建物を建てようが「自然」と争うのは愚の骨頂。自然とは仲良くなる必要があると考えます。作った当人たちに災難が訪れなくても、後世の人達が災難に遭遇してはならないのです。1000年に一度の災害のすぐ後に10000年に一度の大災害がこないと誰が言い切れるのでしょう?誰もいないと思います。妥協するなら「現在起きた最大の被害エリア」が実績としてあるので、上記のような結論を持つのです。これとて「安全の保証はありません」しかし社会は合意するでしょう。しないとすれば。おそらく「経済効果」が脳裏をよぎるからではないでしょうか?

くどいですが、「パラダイムシフト」の根本は、世界中がハマっている「資本主義経済社会の無限の発展」という前提を変えなければならないと痛感します。テクニカルな処理には膨大な時間や費用がかかるでしょう。更に世界中から叡智を集結させる必要もあるでしょう。それでも上手く行くとは限りません。しかしながら、「もう譲れない」タイミングではないでしょうか?少なくと私はそう感じます。「(電力に限らず)現在のツケで、日本のみならず、どこかの誰かが犠牲になるのはやはりおかしい」と感じるのが正常だと確信しています。もし、この記事が社会に対して影響力のある方に共感してもらえるならとても嬉しく思います。もしそうでなくても、この記事を書く事ができて良かったと感じます。感謝!

嗚呼、暫く旅に出たい。。。

ではでは、

Enjoy your life!!

PS:写真は約5億年進化していない最もタフな生物「オーム貝」です。地球環境の激変にも耐えて生き続けています。

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

4 Responses to “脱原子力宣言を受けて”

  1. hirotamaki より:

    大前研一さんも津波が襲った地域には今後町を作るなと述べていますね。大切な事だと思います。 こチラもご覧ください。 http://tumblr.com/xvw1vqlia0

  2. hirotamaki より:

    こういうのもありですね。まだ実験段階ですけど、予算が付けば早く進むのではないでしょうか?実験始まる洋上浮体風力 日本の海洋エネルギー期待の星か:資源・エネルギー:ECO JAPAN -成長と共生の未来へ- http://bit.ly/fgYZEg

  3. hirotamaki より:

    4月9日追記:この記事も参考になりますね。http://tinyurl.com/3bszsaw

  4. hirotamaki より:

    4月9日追記:この記事も参考になりますね。http://tinyurl.com/3bszsaw

コメントをどうぞ