原発反対デモに思う

On 2011年3月28日, in 6.空のつぶやき?, by hirotamaki

昨日、原発反対デモがあったようです。これとかこれ。私自身は原発反対には賛同します。しかし、ご承知の様に、「じゃどうするの?」という問いかけが常につきまといます。

「危険」だからというだけで、反対運動を実施するのは「駄々をこねてる子ども」のような気がします。「原発は危険」はそれだけで充分に反対する理由になることは理解できます。しかし、それだけでは次に進まないのではないでしょうか?(デモの趣旨は違うのかも知れませんが・・・)

残念な発明ではありますが、人類史上最初の原爆実験が行われ、実際に使われたのはww2の2発です。武器として其の威力は全人類の脅威ですから、「ストレートに反対運動」すべきだと思います。科学技術の進歩は「実験による」失敗の積み重ねがあり、試行錯誤されて、やっと実用化されるのが殆どです。原子力の有効利用も慎重に進められて、発電装置として活用されている今日、原爆と同じよに「ストレート」に反対するだけでなく、代替の発電装置が必要になります。「皆で我慢して頑張りましょう!」だけではなく、新しい提案が必要でしょう。「安全に絶対はない」、100%安全な装置など存在しません。「予期せぬ事故が起きる」と考えておくのは当たり前です。

他方、推進派の方々は「反対派に対して、じゃどうするのだ?」と「今すぐ何かできるのかよ!」みたいな荒っぽい迫り方をするのではなく、「対話」を通して「合意形成」しなければならないでしょう。

昨日twitterでRTされて目にした呟き

原発反対派の人の気持ちは分からんでもないが、世界中に腐るほど核ミサイルがあって、中国も原発ガンガン作ってて、日本だけ原発やめても焼け石に水だよ。経済的にも安全保障的にも自殺行為。まぁ、みんなで今ある原発を大事に使っていこうや。 (http://twitter.com/kazu_fujisawa/status/51908756094730240

こういう お馬鹿なツイートが沢山RTされてるのがおかしいと思わないのでしょうか?(RTは同意してるとは限りませんが)

 

推進派はコストパフォーマンスを重要視してるケースが多いと思います。「現時点では」最も効率的な発電装置は原発でしょう。

参考資料:http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/gijyutu2004/gijyutu03/ssiryo3.pdf

 

しかし、これだけでは「現時点」でしかないということ、更には「安全対策や事故処理のコスト」が勘案されてない事は今回の出来事を見ても明らかです。

 

どの様に原発に対して向きあえば良いのか?(原発反対派として)

現実的な対応策として、「短期・中期・長期・超長期」の視点で各々考察し、合意形成してはどうでしょうか?

 

短期的には

可及的速やかに福島の原発事故対応が優先されるのは当然です。しかし、この事故が起こった以上、今まであった、エネルギー計画を全面的に見なおす必要があります。いきなり、全ての原発を停止するというのは現実的ではありません。「経済的に日本は一気に没落」し、多くの人は納得しません(多分)。3.11以前でさえも、景気が悪くて「不平・不満」が多かった国なのですから。同時に、天然資源である石炭・石油のコストは上昇中です、つまり発電コストは上昇するでしょう。(昨日の記事)復興のための資材供給等も含め「通常以上にエネルギーが必要な時期」となるのです。だから、現状の発電設備はフル稼働するのが現実的です。

 

中期的(5-10年)には

暫定的に原発依存度を減らすための施策が必要です。現在利用出来る原発以外の発電方法を「コストダウン」し、効率的な設備にリニューアルする。代替発電設備を早急に作り、実用に耐えるよう取り組む。理系人間ではありますが専門家ではないので具体性に欠けることは承知しています。しかし、優秀な専門家が知恵を出し合い作り上げてくれると期待します。

 

長期的(30-50年)には

原発依存度ゼロが好ましいと考えます。廃棄のことまで含めると環境的にも技術的にも困難であることは何となくわかります。私は既にこの世に存在してないでしょう。次世代の皆さん(今の若い人達)に託すしかありません。「それでもやり遂げてもらいたい」と虫の良い事をお願いするしかないのです。

 

超長期的(100年-1000年-億年)には

ここまで来ると妄想の域をでませんが、膨大に存在している(と言われている)宇宙エネルギーの有効活用かも知れません。すでに IKAROS – Wikipedia http://bit.ly/eFTWRc のような世界的に注目されている技術があります。また、現在は悪さをする宇宙線 の有効利用などもあるかも知れません。これぐらいのオーダーになるとSFです。まぁ、これとて将来のエンジニアは「絶対安全か?」と「今と同じように」問われるのでしょう。その頃はもしかしたら、ラピュタがあるかも知れないし、テレポーテーションが出来てるかも知れないし、攻殻機動隊みたいな世界になってるかも知れません。銀魂のような町があるかも知れません。だんだん話がギャグっぽくなってきたので止めます。

 

毎日瞑想する理系おやじの妄想にお付き合い頂いてありがとうございました。

 

ではでは、

 

Enjoy your life!!

 

PS*写真は攻殻機動隊SACの草薙素子(くさなぎ もとこ)^^;

この記事は関連するかも?

 

3 Responses to “原発反対デモに思う”

  1. hirotamaki より:

    こういうのいいですね。産総研:太陽光発電研究センター 「再生可能エネルギー源の性能」 http://bit.ly/ePzDAp

  2. hirotamaki より:

    この記事に賛同。asahi.com(朝日新聞社):「原子力からシフトを」 自然エネルギー、50年までに100%に – 文化トピックス – 文化 http://bit.ly/fJT8gF

  3. hirotamaki より:

    こういうのはいいですね!時間かかりそうだけど。→ 原発より強かった 東北の地熱発電所 http://bit.ly/hCBqrs

コメントをどうぞ



1 / 11