人間だけが「嘘」を作り出す事ができるので、やはり傑作中の傑作でしょう。嘘も方便というぐらいですから、決してすべてに悪意があるとは思いませんし、楽しい嘘もたくさんあります。ただし、悪意ある嘘はヤメときましょうね。インターネットがこれだけ普及した現在は、デマの拡散も ものすごいスピーだし、報道でも捏造などといって「平気」で嘘の情報が流れます。

ネット上のデマは愉快犯なのかも知れないですが、善意の第三者が拡散すれば一気に広がり、社会的に迷惑です。またマスコミや地位のある人が「事実を曲解して、あるいは捏造して情報提供する」のは迷惑どころの話ではありません。社会はパニックにすら陥ります。または冤罪によって「無実の人」がひどい目に会うケースもあります。

なぜ嘘をつくのか、答えは明快で「自己保身」です。自分(達)にとって都合の良いように「仕向ける」のですからたちが悪いです。

家族をかばうとか、義理人情で「やむなく嘘をつくことがあります」こちらは自己犠牲ですから、事情がわかれば多少は許すことができるかも知れません。

では、嘘ではないけど「隠し事」はどうでしょう。昨今の原発に関して政府の発表なども「いろいろ配慮」してるらしいので、こちらはなんとも言えないです。

原発問題に限らず、もし私達がありとあらゆる「全ての情報を提示」されたなら、大部分の人は「思考停止」になるでしょう。評価・判断すべき観点が多すぎてパンクすると考えられます。

通常私達は「限定的情報」により「自分なりの解釈」をして評価・判断します。もちろん自分にとって都合よく理解できるようにです。だから個々人のバックボーン(経験や知識)によって対応に違いがでます。おまけに思考プロセスが違いますし、重要視する価値も違います。だから、「嘘ではないけど一部は伏せて情報提供するのは」時と場合によっては有用です。

皆さんも「隠し事」の一つや二つはあるでしょう?隠しておくほうが「お互いのため」になるテーマです。あんな事や、そんな事ですよw

今回の原発報道においても「ベクレル」「シーベルト」など初めて聞く人にとっては「その単位がどの程度」なのか皆目検討もつかないでしょう?ましてこれが「核」「放射能」「爆発」といった何とも不安になるようなキーワードと共に発信されていれば「思考停止」です、そこから先は「恐怖」だけになると思います。実際ヒステリックと言えるほどの行動をした人達が少なからずいるようです。いくら「大丈夫です」と言っても聞こえません。いくら正しいことを言っても聞こえません。

逆に多少理科系の知識があり、半減期とか同位体(アイソトープ)とかシーベルトやべクレムに馴染みがあれば違う行動をとることでしょう。

どちらが正しい行動かではなく、経験や知識の違いが、行動に違いをもたらす

という事です。

だからこそ、情報提供の中で「伏せられても良い部分」がありそうです。

と言ってもこんなtweetをしてます、

調べてないけど、理系の政治家、役人、マスコミ人とか少ないんだろうね?ニュース見ててそう思う。逆に理系はプレゼンが上手い人少なすぎる気もする。やはり、情緒的でかつ叙事的な表現が出来る人ってあまりいないか?Tue Mar 29 01:01:42 via web

事実を正しく伝えたければ「正しく伝わるように」そして、「社会不安」を起こしたくないなら「安心」を表現する「プレゼンテーション能力」が求められます。つまり隠し事をするなら「思惑」通りに誘導できるよう表現力/演技力が要求されるわけですね。皆さんも「隠し事する時は」ものすごい役者になるでしょう?あんな事や、そんな事ですよw

まっ、エイプリルフールということでw

人間だけがウソをつく!これは本当ですよ^^;

ではでは、

Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ



1 / 11