孫氏の評価をする記事ではありません。しかし、この度の彼の行動には、多くの人が学ぶべき点があると考えます。

東日本大震災に対する義援金・支援金の寄付について | ソフトバンク株式会社

孫 正義個人から100億円を寄付することといたしました。更に、2011年度から引退するまでのソフトバンクグループ代表としての報酬全額も寄付し、この度の震災遺児、およびその他多くの遺児などを支援してまいります。

実行力、すなわち実力です。「何を考えたか」ではなく「何を行ったか」

あまりにも当たり前なことですが、孫氏の義援金の金額の大きさもさることながら、「行動をおこす姿勢そのものが素晴らしい」と思います。多くの方が自分の出来る範囲で義援金を送る、ボランティア活動をするなど価値ある行動を実施されていいると思います。しかし、逆に然るべき立場に居ながら、自己保身のための行動を優先する方、あるいは口先ばかりで行動が伴わない方もチラホラ見かける気がします。個々人の価値観に基づいて生きているのでしょうから、「もっと〇〇しろ」とは言えません。まずは自分のできることを確実に実行する事が重要です。

お金の「稼ぎ方が上手い」人より、お金の「使い方が上手い人」

ある大金持ちが、あきらかに自分の売名のためにマザーテレサにロールスロイスを贈ったそうであります。マスコ…

自分の社会的な名声や政治力を大いに利用し、世間やマスコミがなんと言おうとも、現実を前にした当事者たる厳しさを知っているマザーテレサは、その売名目的のロールスロイスでさえ、そんな世俗の下心は十分承知の上で、あえてありがたく平然と受け取り、それを最大限にしたたかなまでに活用して、何百倍もの資金を集める手段にしたわけです。

稼いだお金を「有効」に使うのはとても難しい事だと思います。個人的な経験からも「アホな使い方」を沢山してきました。また貯金をするタイプではないのでいつもお金が足りません(^^ゞ  しかし、自分が属してる「社会」にお金を使う事を優先してきたので後悔はありません。会社経営はお金がかかります。誰もが、その時々の状況で「個人の価値観に照らしあわせて最も有効だと思う事」にお金を使います。

孫氏のお金の使い方は実に見事だと思います。彼の資産からすれば、大した金額じゃないかもしれませんが、それでも大金です。身銭をきって「そうできる」人が一体どれほどいるのでしょうか?おそらく、「資産家(お金持ち?)の価値観と事業家の価値観は全く違います。」 資産家は常に財産の安定と保全を考え、事業家は事業の拡大と社会貢献を考えます。良し悪しではなく「違いです」だからこそ「有効性」に違いがでます(個人的には貯金する人より勝負する人が好きですw) 近い将来、東北地域はソフトバンクの市場占有率が高まるでしょう。(彼がそこまで考えていたかどうかはわかりませんんが、社会とは「そういうもんだ」と思います)見返りを期待せず、自分に出来ることを最高最大に実施する。素晴らしい事です。

私達は、何を考えたかではなく、「何を実行したか」、お金をいかに稼いだかではなく、「どう使ったか」で自己確認・自己承認ができるのでは?

ではでは、

Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ