日本復興計画

On 2011年5月4日, in 5.本, by hirotamaki

GWも中盤ですね。私は何処にも行かないので、前記事に書いたように少々トレーニング中です、身体は全身が筋肉痛で悲鳴を上げてますw。これだけでは頭まで筋肉になりそうなので、バランスをとるべく、乱読ですが、精力的に読書をしています。今回は軽く読める一冊のみご紹介しておきます。

日本復興計画をこの程度のページ数で書けるはずもなく、値段的には少々高い感じ、この本の印税137円は震災復興に使われるらしいのでそれは許すw 内容的には原発事故についての考察と今後の対応で、コンパクトにまとまっています。

大前氏のは日本を代表するコンサルタントとして尊敬している方です。さすがに無駄なく要点がまとまっています。(事前にyoutubeで紹介されているのでわかり易さもあるかと思います)氏は原発事故を単体でとらえることなく、国際社会における「福島の事故の扱い」を視野に入れ安全だとか危険だとか述べること以上に「技術的には可能だろうけど、今後は無理っぽい」といった結論でしょうか?また復興に際しては、「以前から言われている、道州制の導入などを含め、日本人の価値観を見直すよい機会として捉えている」のはさすがです。

個人的には原発反対デモに思うに書いてますように、かなり合意できる内容です。

あっという間に読み終わるので、連休中に読むのには最適でしょう。

ではでは、

Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ