普通とはどんな状態なのでしょう?

「普通はさぁ・・」と自分の考えを一般的であるがごとく話をする。「皆さぁ・・・」とか「一般的には・・・」と類似表現もたくさんあるでしょう。

「何となく無難にまとめるため」の表現でしょうか?また「一般化することで、常識であることを強調するために」使うのでしょうか?おそらく、使ってる本人の常識であり、基本的な価値観なのでしょう。だから、必ずしも万人向けではありません。

実に曖昧な表現ですね。基準があるのかないのかわかりません。一人ひとりの感覚です。

この、「普通」という表現が実は大きな価値を含んでいます。

つつがない「つつが」は病気や災難を意味する「恙(つつが)」で、漢字は「恙無 い」「恙無く」と書く。 「つつが」と同源で、「病気になる」「差し障りがある」などを意味する。 http://gogen-allguide.com/tu/tsutsuganai.htmlSat Jul 23 15:22:50 via Twipple for Android

こんなつぶやきをしてます。「つつが」の意味をこの歳になって初めて知りました。そして、言い古されてますが、

  • 病気になって初めて「健康に暮らせる事」がありがたいと感じる?
  • 飲まず食わずで過ごして初めて「少量の食物」がありがたいと感じる?
  • 貧乏のドン底を経験して初めて「僅かな金額」がありがたいと感じる?
  • 独りぼっちになって初めて「家族・友人・知人」がありがたいと感じる?

無くして初めてその価値を確認できる。他にもたくさんありそうです。

こんな風にあらゆる物事、出来事を見て取ると何気に「普通」という価値がクローズアップされる事に気が付きます。嫌な経験をすることもあります、苦しい、辛い、腹立たしい・・様々です。聖人君子でもおそらく「気分が悪い」「やる気が起きない」「調子が悪い」時があったはずです。

その時、もしかしたら「普通のありがたさ」を感じ取ったのかも知れません。

「〇〇に比べれば・・・」と誰かと比べたり、過去の自分や、何かと比べて「自分の基準を落とす」ことではありません。

それどころか、ご自分の人生の基盤を確固たるものに整備する強さを生み出します。イマココの状態に100%の感謝だけがあるからです。

不足から何かを生み出すのではなく、充足から何かを生み出すのが、この 「普通のありがたさ」です。当たり前に過ごしている日常に、輝きや彩りを与えるのはあなた自身。

何かに行き詰まったら「普通のありがたさ」を確認する事をお勧めします。

ではでは、

Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ



1 / 11