可能性は合理の外側にある。

人は誰でも経験した事を「可能性」とは言わない。既に実現し体験しているのだから。

正しい夢

己の限界を超えて「自覚的に」挑戦する人にあまり出会わない。おそらく「変化を嫌っている」のだろう。安定を求めるのは悪いことではない。しかし同時に「自分の可能性」を否定していると言える。

「私にはできない」「私には無理」というやつだ。できない理由をどれほど並べ立てても何も生み出さない。「本人の合理的な思考」に基づき生きている。その延長線上に「理屈にあった将来」(合理的な未来)が見えているのだろう。過去の経験を投影した、あなたにとって「正しい夢」だろう。

チャレンジする

チャレンジは常に「非合理」だ。「未知の領域」だからこそ「挑戦」という言葉があてられる。あなたの理屈には合わない領域に勇気を持って飛び込むことをチャレンジというのだ。そうして初めてあなたの「可能の領域」が拡がるのだ。

実力=実行力

何かを「考える」ことは大切だ。しかし、何かを「する」事のほうがはるかに価値がある。結果が期待通りであろうとなかろうと。

何を言ったかではなく、何をやったかを「結果」というのだ。

実行力とは「事実を変える力」であり、解釈を変えることではない。自分の都合の良いように解釈はいくらでも変えることが出来るのだから。

 

 

 

間違った決断

あえて間違った決断をする。予想すらできない「物語が用意されている」はずだ。ところで間違いとは何だ?間違った人生なんて無い。もちろん正しい人生もない。ただ「あなたの人生」があるだけだ!!常に無限の可能性が用意されている。誰も邪魔をしない。

可能性はいつでも準備ができている。それを手に入れる唯一の方法は「あなた自身が自分の可能性を招き入れる事」だけだ。

 

ではでは、

Enjoy your life!!

こちらも関連します。「可能性」

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

1 Response » to “非合理を生きる”

  1. […] 可能性は「非合理」です(非合理を生きる)。あなたの繰り返しの中には「いままでの合理に基づいた現実がそのまま」あります。だから、新しさはあなたの枠を超えたところ、あなた […]

コメントをどうぞ