「そのうち良い事あるからさ」 誰かを勇気付ける時に使う言葉かもしれませんね。しかし、私は殆ど使ったことがありません。これほど無責任な言葉はないと思うからです。嫌な人とか、興味がない人になら使うことがあります。要は話を早く終わらせたいという極めて個人的な気分からです。逆に「そのうち良いことあるからさ」と言われると「さよなら」と言いたくなります。

善意かも知れないけど真剣ではない?

「そのうち良い事あるからさ」は決して悪意はないでしょう。それどころか、善意に満ちてると思います。しかし真剣に相手の「悩みや不安」に向き合っていないのかも知れません(もちろんこの態度を皆様に強要するつもりはありませんよ!)。

だから、私は「どうしたいのですか?」と問います。そして、それを実現するのは「いつ」ですかと迫ります。この接し方は嫌われる時も多いです。しかし、目の前の人と2度と会えないかも知れないから、そうします。「さよなら」の直前の言葉が「そのうち良い事あるからさ」だとチョイと悲しいでしょう?できればもう少し気の利いた「言葉」を最後にしたいものです。なぜかって?それは「あなたが◯◯な存在だからです」(youtubeに飛びます)

主体性・自主性がすべて

直ぐにでも実現しそうな事を「やらせる」のは本人のためにならないでしょう。多少のサポートはもちろん必要かもしれません。しかし何よりも「当人ができる」と感じるかどうかが全てです。そしてそれは明日でなく今日、先ではなく今だと…

ではでは、

Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

 

1 Response » to “「そのうち良い事あるからさ」ってなんだ?”

  1. […] 人事になっている気がします。もし身内が被災していたら、私の態度は変わっていたと思います。こんな記事も関連します。「そのうち良いことあるからさ」 「東北関東大震災に思う」 […]

コメントをどうぞ



1 / 11