才能と聞いて皆さんは「人並み外れた能力」あるいは「天才といわれる人たちの様な能力」をイメージしていませんか?このような際立った能力を「才能」と云うなら、多くの人は「私には●●の才能がない」と云ってしまうのも無理はありません。
しかしながら、本当に「自分自身の才能」を知っているのでしょうか?もし、ご自身の才能を知らないとしたら、それはとても残念ですね。

私は「すべての方には必ず独自の才能がある」と知っています。しかし、本人が気がつかないなら無駄に「誰かの真似」をしたくなるだけでしょう。だから、どうしても「ご自身で発見」する必要があります。ここでは、簡単な才能の発見の仕方を記述しておきます。是非参考にしてください。

才能の発見方法

成功実学でもお話していることですが、自分の好きなことをしているときは「楽しくて、努力や苦労なんて言葉は不要」これこそが才能発見の糸口です。人並み外れた成果を残した人達は間違いなく、「自分の好きなこと」をしています。いや、し続けています!!たまたまその才能に世間が「好ましい評価」を付与したに過ぎません。ゴッホのように亡くなってから「評価」された芸術家もいます。彼は絵を描く才能を自ら発見し、売り込もうとしたわけではなく、ただ絵を描く事が好きだったのでしょう、そして、飽きることなく描き続けていたのだと思います。

「私は何をしているときストレスなく継続できるか?」を自らに問いかけてください。多分、寝食を忘れて「夢中になれる具体的な何か」があるはずです。ここで、単純に「その何かをすることが才能」なのかと云えば少し違います。

才能の抽象化

絵を描くことが「上手いとか下手」とかいうのは「技法」です。そうではなく「絵を描くことの本質は何か」を考えましょう!たとえば「創作活動」とか「色彩の認識」とか「形状の認識」とか。。。絵を描く行為は「表層に現れた現象」でしかなく、その背後に配置された「本質」が存在します。その本質に才能があります。人とおしゃべりすることが好きな人は、おしゃべりする才能ではなく、「違いを発見する」才能、あるいは「共感する」才能があるかも知れません。

マンガを読む、ゲームをする、歌を唄う、散歩をする、ゴルフをする、機械ものを分解する、手芸をする、お料理をする、何でもいいです。「自分が飽きることなく続けられる何か」を探し、その背後にある(であろう)本質を見極め、抽象化してみましょう!

有名な武将として、織田信長を考えてみます。彼の才能は何でしょう?いろんな観点があります。何しろ一時代を築いた人ですからね。あえて「ひとつ」だけあげるとすれば皆さんは何を取り上げますか?

私は「自己動機づけ」の達人と云いたいです。常に「挑戦し続ける自分で生きるため」には自己動機づけが不可欠です。秀吉とか家康と違い、もっともチャレンジした武将でしょう。もっとも新しいことを始めた人物でもあります。そしてそれを「彼自身は楽しんでいたに違いない」と想像します。特に我慢したり、努力したり、苦しんだりしたのではなく(傍目にはそう見えていたとしても)きっとワクワクしながら生きていたと考えたほうが合点がいきます(あくまでも私見ですよ)

才能が「仕事になる(収入を得られる)」かどうかは時の運?

身も蓋もないことですが、これが現実でしょう。今日の日本の環境に適合していれば収入に結び付く可能性はありますが、そうでなければ収入にはならないでしょう?違う時代や違う地域なら重宝がられ、仕事になるかもしれません。人間国宝級の職人さんが手作りで何かを作るよりも、高度に標準化され工業製品として商品化されるほうが仕事になるわけです。きっと過去の時代であれば「高い付加価値」があったと思われる才能であったとしてもです。

それでも「自分の才能を昇華」させる価値

仕事にならないから、嫌々仕事をするのはどうでしょう?今や自分の才能を発見してしまったのです。とすれば、それは「あなた自身であることを放棄」しなければならないでしょう?社会に迎合し「偽りの自分をストレスをためながら生きる」ことになります。「大人」の生き方でしょうか??

才能はどこに属するのか?

才能はあなた自身のものであるだけではなく、社会のもとして還元すべきもの?

「あなたに与えられし能力」なのです。ギフト(gift)された能力です。だからこそ、社会に対してその才能を開花させ、お返しするのも悪くないのでは?

まぁ、このあたりまで書いてくるとだんだん深みに嵌りそうなので控えます。「私は誰?」という問いかけとともに質問を極めて行くと「己に所属するべき才能」が実は「己そのもの」がはっきりしないと気付きます(多分)。どうしても形而上的な領域にのめりこむしかなくなるわけです(笑)気が向いたらまた関連記事を書きます。

なので、ここから先は瞑想でもして「自分で才能」を発見してください。

ではでは、

Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ



1 / 11