今年の漢字は絆ですか…

On 2011年12月13日, in 3.人生・問いかけ, 4.格言, by hirotamaki

絆については拙記事として過去に書いてありますので時間がる方は是非ご覧ください。半分の糸とかいて「絆」 個人的にはもっと違う漢字がありそうな気もしますが、それはそれで良いとしましょう。

遠い災難より、自分の痛みを何とかしたい!

東日本大災害はあまりにも被害が甚大だという事は間違いありません。9.11は人為的な出来事ですが、3.11は自然災害です。圧倒的な力の前に、何もできず、現実に多くの方が被災された事実は誰にとっても、「人生を見つめなおす」契機になったのではないでしょうか?

この体験から学ばずに従来のパラダイムで生きることは「鈍い」と言われても仕方ないと感じます。原発の問題も、新しいパラダイムを想起しながら対応策を考えなければならないでしょう。

「そもそも資本主義ってどうなの?」とまじめに切り込んでおかなければ近い将来破たんすることは間違いないでしょう。経済を中心にした結果が今日の社会です。大きなきしみ音が、聞こえていないのか、あるいは聞こえないふりをしているのか、どっちにしろ「自分の世代はなんとかなる」とつけを次世代に先送りする「鈍いお偉方」にはあきれます。

ついでに書いておくと、私は従来から、「頑張る」というワードはあまり好きではないので、TVやネット上で「頑張る」という言葉を見聞きする度に、どっと白けてしまいます。現地にいる人は必死に「生きてる」はず、更に「頑張れ!」と、冷暖房完備でおしゃれなレストランで食事してるような人達に激励されてどう思うのかを考えるとうんざりします。

素直に受けとれない私がおかしいのかもしれませんが、すごく違和感があります。そもそも、遠いところで起きている災害より、「今、己に起きている歯痛のほうが重大事」と云うのは自然なことなのです。だから、「何か自分にできることはないか?」と各自が問いかけ、実行すればよいのです。何も無ければそれはそれでOKなのです。自分が「痛みを伴わない」限りにおいて、やはりどこか他人事になっている気がします。もし身内が被災していたら、私の態度は変わっていたと思います。こんな記事も関連します。「そのうち良いことあるからさ」 「東北関東大震災に思う」

 

ん?書こうと思った内容とかけ離れて、批判的になってしまったので、自虐的な記事でも紹介して少々丸く収めておきます(笑) 3.11当日はゴルフしてました。もちろん中断でした(写真は地割れしたグリーン)、その後も気分的にもラウンドできなかったり、脱腸になったり、追突事故をおこしたり、最近は肋間神経痛になったり(これも胸筋を鍛えようと無理したのが原因です)。とまぁ年寄りくさい事ばかり起きてます。それでも、大病もせず、今日も生きていられるのは本当にありがたいことです。

次の瞬間に死ぬとは思えないですが、明日死ぬと覚悟して生きているつもりです。だからいつも少々迷ったら、「カッコいいほう、楽しいほう」を選びます。最後の日に、かっこ悪くてつまらない方を選んだら何だか情けないでしょう?そして、毎日、今日も良い日だったと振り返れるように生きています。ちなみにカッコいいとか、楽しいというのはあくまでも個人的な基準ですから、周りからすれば「どんくさくて、つらそう」と見えるかも知ません。それでもOkなんです。「他人の目を全く気にしていない」なんてことはありません、が気にしても仕方ないことは重々承知できる年齢にはなっています。大切なことは「毎日を悔いなく生き切ること!!そして、生き延びること!」

いい夢 見よう・・・

Dream as if you’ll live forever. Live as if you’ll die today.

永遠に生きるがごとく夢を見ろ。 今日死んでしまうがごとく生きろ。

~James Dean~

 

少々リンクの多い記事になってしまいました。

ではでは、

Enjoy your life!!

 

 

 

 

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ



1 / 11