世の中に変化しないものなどありません。もちろんあなた自身も変化します。望ましい変化か、あるいは逆に望ましくない変化か違いはあるでしょう。現状維持を是とするなら「変化しないで欲しい」と思うかもしれませんが、それは無理な相談です。

個人であれ、組織であれ「変化」するのです。

私の挨拶には

最高最大の在り方を基本とし、変化という一貫性を中心に見極めることを忘れない。「一期一会」 今この時、ここだけに存在する自己を純粋に体験できることこそ至福。自分自身を不確定で、無常な存在とし、意識の中で起こる単なる瞬間瞬間の体験的現実だ としなければならない。なんてことを言ってると世の中住みにくいので・・・・・しなやかに?!

と書いてあります。なんだか小難しい感じがするかもしれませんが・・・

以下に変化しようと思えば必ずついてくる「おまけ」を書いておきましょう。「おまけはいらない」と言ってもついてきます。

もし、おまけがついていないなら「変化しない」「変化していない」ことになります(笑)

ちなみにこのおまけは「おそれ(恐れ)」といわれます。

  • 間違うこと
  • 力を失うこと
  • 拒絶されること
  • 不確実さ、曖昧さ
  • 馬鹿に見えること(知的ではないこと)
  • 安全・安心を失うこと
  • 失敗すること
  • 成功すること
  • 無知なこと
  • セルフイメージが変わること
  • コントロールを失うこと
  • 権威・権力を失うこと
  • ・・・

変化するとは上記のような「おまけ」が必ずついてきます。もっと具体的に書いてもよいのです(仕事を失う、お金が不足する、馬鹿にされる・・・など)もっとたくさんあるかもしれません、これらは「ブレーキ」です。ブレーキを踏みながらアクセルを踏むのは愚かです。

変化の先に「成功」があるとしたらそれを手にすればよいのに、「成功すること(成功への恐れ)」も含まれているのです。

現状維持を是とするなら「変化しないで欲しい」と思うかもしれませんが、それは無理な相談です。

なぜなら、あなた自身も含めて、変化し続けるのが道理だからです。

休日のつぶやきということで・・・お気楽に!!

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

1 Response » to “変化しようとすれば必ず「おまけ」がついてくる。”

  1. […] こっちも似たようなこと書いてますが「仕事人100%」ブログっぽいでしょう(笑) […]

コメントをどうぞ