君たちは どう生きるか

On 2012年6月3日, in 5.本, by hirotamaki

久々に本の推薦です。何気に購入した本でした。そして、この本に巡り会えた事に喜びを感じます。内容は中学生を主人公にした体裁をとっていますが、タイトル通り、かなり奥深いテーマです。

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)

恥ずかしながら、50半ばのオッサンが読んで、涙腺が緩む箇所が随所にありました。書評するのは読み手の「生き方」が問われるので控えますが、帯にある「永遠のベストセラー」が決して誇大な表現でない事がわかります。

人間の価値とは何ぞや?

平易な文章を通して、読者に突き付けてくる良書です。「どう生きるか」を若人に向けて、提起、提案する風ですが、人生経験豊富な人が読んでも、大いに役に立つ本です。

人間が、他の動物と違い、人間らしいという事は一体どういう事なのか?あるいは、個人の存在と社会の繋がりとは何なのだろうか?示唆的な表現で書かれているので「深み」を感じずにはいられないでしょう。サラッと読むこともできますが、味わいながらゆっくり読むことをお薦めします。

君たちはどう生きるか (ジュニア版 吉野源三郎全集)

ではでは、

Enjoy your life!!

 

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ