目標の設定方法はいろんな方法があります。そして目標達成にも適切な方法があることでしょう。本でもネットでもうんざりするほど情報はありますよね。しかし、達成しない人が多いのはなぜなのか?答えは意外とシンプルで、「活動してない(やってない)」人が多いだけです。目標を達成すだけの知識や技術はすでに備わっていたとしてもです(笑)

活動できてない人たちの共通点は「無駄に悩む人」、なぜ無駄かというと、

結論から言えば「妄想」だからです。目標達成する人たちは、達成ための方法をあれこれ考えてチャレンジする、やり方を見直し工夫する、試行錯誤を繰り返し達成するにはどうすればよいかを考える!つまり達成するように考えて実行しているのです。

他方達成しない人たちは、達成しなかったらどうしようと悩み、できそうもないと悩み、あれこれ悩んでいる。つまり悩んでいる時間が圧倒的に多くなっています。

これを回避する最もシンプルな方法は

「実行できることを書き出す」これだけです。

そして

1.一人できること

2.誰か(チームや組織)に依頼すること

この二つしかないはずです。意外と少ないのでは?できないことは書いてないはずですからね。でどれから実行するか優先順位を決めるだけ。この時、具体的な作業レベルまで落とし込んでおくことです。例えば物を捨てるではなく「靴を5足捨てる」とか、電話をするではなく「誰になんと電話をする」とかです。

あとは、すぐに実行できるかどうかです。悩んではいない、しかし、優先順位が低いと実行するのがあとまわしになります。多くの場合「今じゃなくてもいい」という充分な理由があります。毎日運動すればよいことはわかっていても今じゃない。ダイエットすればよいことがわかっていても今じゃない。書類整理も今じゃない、経費精算も今じゃない、…。すべて「今じゃなくてもいいや」という言い訳があります。

組織やチームで活動してるなら「迷惑をかけないように直ちに実行する」人でも個人的なテーマになると忽ち「先送り」する人も多いです。このあたりの心理的メカニズムは書くと長くなるので、よくまとまってる本を一冊紹介しておきます。安いけど良くまとまってますよ。

先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (中経の文庫 さ 17-1)

ではでは、Enjoy your life !!

 

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

コメントをどうぞ



1 / 11