最も強い組織は、達成したい成果の為にお互いが協力できる組織です。もう少し具体的書くと、常に誰かと誰かの関係が固定的な状態ではなく、様々な局面でお互いの役割が柔軟に変化するような組織と言えます。その為に最低限必要な要素は、

  • 状況の共通認識
  • お互いの役割の合意
  • 役割を実践できる能力
  • 信頼関係

例を上げるまでもないですが、野球の9人のポジションをイメージしてください。局面によって守備位置が変わったり、打球に次第で臨機応変に動きが変わります。上記の4要素が必須項目である事はご理解いただけると思います。

仕事と野球は違いますが、これら4つの要素を築くために大切な一つのことは「正直に事実を話し合える文化」です。組織の文化が「正直に事実を話す」事を推奨していれば、新人からベテランまで誰でも「安心」できるはずです。出来事と解釈と人格を区別し、「どうすれば最大で最高の成果」になるかだけを考察できるかに時間的リソースを割くだけで良いですからね!

ではでは、Enjoy your life !!

 

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

コメントをどうぞ



1 / 11