努力とか忍耐という言葉そのものがあまり好きではありません。と過去記事にもあちこちで書いています。そうはいっても意外に皆さん努力とか口にするし、悪いことではないので今回はそのまま使います。

継続的に努力する人ってどんな人なのでしょう?同時に努力できない人との違いは何なの?

努力は報われる。これを信じて止まない人だけが努力できる。「いつ報われるか?」、「どんな風に報われるのか?」わかっていないけれども「報われることを知ってる人」です(笑)、他方、努力できない人は「いつ報われるのかはっきりしてる」「どう報われるかはっきりしてる」時だけ、できる限り省エネモードの努力をするわけです。インセンティブが明確な時だけ行動する感じでしょうか?違う見方をすれば「挑戦しない」という事ですね!

「楽して成果を手にしたい」、更には「何もしないで成果を手にしたい」と考えてる人は努力しないから論外です(笑)

努力する目的があるか?継続的に努力する人は目的があります。達成したらどれほど素晴らしいのか知っています。そして達成の喜びを知っています。どんな分野でも通用する事ですね!趣味でも仕事でも恋愛でも…

筋トレすればシェイプアップすることは間違いないと思いますが、目的を明確にしないで続けることはほとんどできません。目的が明確なら、特にジムに通う事もなく自宅でも近所の公園はでも自分で誰でもできることです(一人で実行することが効果的かどうかはさておき)

つまり、継続的な努力には「いずれの日にか、報われるということ知っていること」「目的があること」この二つが不可欠でしょう。さらに言えば、努力そのものが好き!とか楽しい!になれば、もう自己陶酔レベルなので努力という言葉そのものが無くなりますね!(^^♪

これ頭では理解できると思います。で実際、努力できるかどうかはまた別の話、前記事の自己肯定感とか、根拠のない自信とか、思い込み能力とか、ちょいと別の要素も絡んできます。

だから真面目なだけな人、事なかれ主義な人、流されて生きてる人、思考停止してる人、主体性をなくしてる人も継続的な努力を放棄しているのです。悪人ではないのでちょいと残念ですね。

長くなりそうなのでこの辺で…

ではでは、Enjoy your life !!

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

コメントをどうぞ



1 / 11