健康ってなんでしょう?

厚労省が掲げた「健康寿命延伸」の裏側

健康ってなんでしょう?QOLが大切というのもわかる。ではQOLって何でしょう?人生の質?わかるようで定義できない…。個人差がありすぎなのに総体的に何かを規定する思考が何とも虚しい。その昔「一億総中流社会」とかのたまっていた人達が今度は健康寿命延伸と言い出してるだけではないのか?

簡単に言えば、自分らが若い時は、「みんな中流になろうぜ」と言い、自分らが歳とってきたから「みんな元気に長生きしようぜ」と言ってるw。この自分らというのがお役所でお仕事してるしてる「上級国民」なのでしょうか?

とまぁ、あまり批判的な事を書くつもりもないので個人的にはどうかというと、

お陰様で、人生の半分を昭和で、もう半分を平成で生きてきた年齢にもかかわらず「病名がつくような身体ではない」、でこんな感じの人は世の中に大勢いる。友人、知人も皆さん達者ですw。

しかし、QOLと言われる要素の一つ(かもしれない)人生を謳歌できる状況かと言われればそうでもない(;^_^A。経済社会であるがゆえに「謳歌」するには金と時間が必要になる。この世代は年齢的には子供たちも独り立ちする世代、団塊のの世代よりは少し若い、我々よりさらに若い世代の人達にとって「国が掲げるテーマに関心を持つことは大切」だと思うが、振り回されないように「自分の人生を歩んでほしい」と願う。

私は相変わらず、夢を追いかける変なオッサンですが、中にはくたびれて諦めてるように見える人たちもいる。これは個人の人生であり「他人が立ち入るテーマではない」のではないかな?

来し方行く末がかなり明瞭になってくる年齢、老け込むには今の日本では少し早い、といって残り時間もなんとなくカウントダウンできる。人生の岐路が若い頃よりはっきりと見えてくる。これからどう生きるか?個々人が考えて社会に役立つよう好きなように生きればよい。自分の人生なのだから…。とまぁ、心身共に健康で、結末のない物語の夢を見続けるオッサンの戯言でした(‘◇’)ゞ

毎日健康で過ごせる身体に感謝し、

付きまとう不満や不安を友として、

今日も笑顔で過ごします。

イマカラ・ココカラ・ジブンカラ!

感謝!

Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

コメントをどうぞ