手帳このシーズンになると来年の手帳を購入する人も多いのでは?また、手帳術的な書籍も沢山あるし、まるで手帳で収入が上がるような本まで出ています。

何を隠そう私は「昔」手帳マニアだったのです。一部だけ写真上げてますが、左上のFirofaxなんて財布の機能もついてるファスナー付きです。これ無くしたらアウトって感じの奴です(笑)左下の細長いのは超整理手帳です。もちろん電子手帳は初期のザウルスは即購入しました。最も使わない高額手帳になってしまいましたが・・・すべてを経験して?今は携帯の「スケジュール機能」しか使ってません(笑)

自分の経験からですが参考までに、手帳を購入する時のポイントは

  1. 何のために手帳を買うのか?
  2. 手帳でなければならないのか?
  3. 自分のライフスタイルに適合しているか?
  4. 管理アイテムが増えても見合うだけの価値があるか?

とこのあたりがでしょう。順をおって少々解説しておきます。

  1. 何のために買うのか?:手帳の広告等見ると、デイリーな項目に会議とか食事とか移動時間とか小奇麗に記載され、傍らに万年筆等をあしらった写真が載っていたりしますが、こんな雰囲気にダマされないようにしましょう。「アポ管理」だけなら携帯で十分でしょう。自分で覚えてられる範囲しか関係ないし、その内容まで手帳に書くほどのこともないのでは?

  2. 手帳でなければならないのか?:そもそも手帳には必ず「日付、時間」が入っていますね。入ってなければノートですから(爆)。日付や時間に従って「過去を記録」するなら「日記」です。手帳とは言わないでしょう。では先々を「記録することで記憶」させるツールですね。そう考えるともしかしたら「「メモ」でいいのでは?私の場合は「A4 サイズのメモ」が多かったのでメモ管理ツールとして超整理手帳は役に立ちます(簡単な資料なら折りたたんで挟んでおけばよいし)。要するにメモ管理ツール、メモを挟んでおくだけです(笑)

  3. 自分のライフスタイルに適合してるか?:1,2をまとめてる感じのポイントですが、手帳は時々のライフスタイルに従って変化すると考えられます。極端に言えば学生と社会人とは違うでしょう?営業職の人と事務職の人も違うでしょう?外出が多いとか少ないとか?人と合うことが多いとか少ないとか?プライベート重視の手帳なのかビジネス重視なのか・・・・・によっても違いますね。さらに手帳に記すことは「概ね予定」ですね(中には成功哲学的に「達成した状態やイメージ」を記載している人がいるかも知れませんが・・・)、予定を管理する事かも知れません。代表的な項目は●アポイント管理 ●スケジュール管理 ●タスク管理 あたりでしょうか?それぞれの違いについてはこの記事はでは深く触れませんが、単純にいえば、●時間、●時間の流れ(TL)、●内容 の違いと言えばわかりやすかも知れません。

  4. 管理アイテムが増えても価値があるか?:上記のようなポイントを踏まえ手帳を購入すると「手帳そのものを管理しなければなりません」特にビジネス重視ですべてを手帳に記載しているなら「もっと大切なツール」です。手帳がなければ何もできない!!なんてことになりかねませんね(w)もし、あなたが手帳を管理して、なお価値があると判断できるなら、ライフスタイルに見合ったフォーマット(中身)、サイズ、色、質(外観)・・を選んで購入すればよいでしょう?もちろん、「持つだけで価値がある」も有りですから!!もしあなたが、ちょっと考えるなら、メモ用紙と携帯電話等のオマケ機能で十分かも知れません。

しかし、手帳を購入する時はとても楽しいんですよね!長く使うものだからそれなりに吟味するし、特に男は?文具が好きだから・・・違うかな?でなんとなく年末年始は色々通常の「月」と違うので書きこむことも増えたりするんだなぁ・・・なのでとても気分が良いのです。積極的になれるから(爆)

参考になれば幸いです。

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

コメントをどうぞ



1 / 11