学び方

On 2010年1月2日, in 4.格言, 6.空のつぶやき?, by hirotamaki

われより哲学を学ぶべきにあらず、哲学することを学べ。 カント

謹賀新年、今年もよろしくお願いします。いきなり本題に入ります(w)

しばしば、リーダーシップ論や、教育の現場で「魚釣り」の例え話が出てきます。部下、あるいは弟子など「教えられる立場」に対して、教える立場の人は、「魚」を与えるのではなく「魚の釣り方」を教えなさい、そうすれば一匹の魚を与えるより価値があると・・・

「教え方」についてはその他にも色々な書籍があります。また「教え方を教えてる方」もいます。

学び手の代表的な質問は「どうすればいいのですか?」で、教える方は「こうすればいいのです」と答えます。上記の魚釣りも「魚の釣り方」を即座に教える。魚を与えるよりはマシかも知れませんが、即答で釣り方を教えても役には立たないでしょう。

カント風に言えば、

われより釣り方を学ぶべきにあらず、釣りすることを学べ。

もしかしたらこの「教え方」こそが大切な「方法」として必要なのではないでしょうか?私たちは知らぬうちに「安易に答え」をもらったり、与えたりします。もちろん、即答が必要な時や即答する必要のあるテーマもあるでしょう。しかし、私は「重要だと思われるテーマ」こそ自ら学び会得する必要があると考えています。

ところであなたは「学び方」を教えてもらった事はありますか?もしかしたら少ないかも知れません。先輩から仕事の仕方を「盗め」とか出来る人の「真似」をしろとか(「学ぶは真似ぶ」)、「習うは慣れう」だとか・・・「コツ」だとか「技術」などフィジカルなテーマならOKでしょう。しかし「メンタル」「知的作業」等の「内面」における「技術」はいかがでしょう。

「あなたの内面」で起きる事柄に対して「誰か」が教えたり、対応処理することはできません。あなたの内面はあなた自身でしか「作用」させられないのです。そもそもあなたの「学びたい気持ち(学欲)」がなければ「作用の起動」すらしないのです。だからあなた自身が「学びたい」と思わなければ何も学びません、そして、「学ぶ」ことは「答えを得る」とは違います。あえて言えば「学んだを知る」と言えるかも知れません。もともと知ってる事は学びがありません。学ぶ事は「未知」を「既知」にすることです。「事後に学んだと自分自身が確認できる行為全体」を学ぶというのです。予見できる事ではありません。だから「どのような事象からでも学べる」のです。この「学び方」を手にいれれば他に学ぶ必要がありません。「いつでもどこでも何からでも学べます」

だから「こんにゃく問答」が含蓄のある「落語」になるのでしょう・・・


新年のエントリーにしては説教臭いかな?(爆)

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

4 Responses to “学び方”

  1. kurumi より:

    はじめまして。kurumiと申します。
    関係ないコメントどうかお許しください。

    このサイトご存知ですか?
    http://kanekure.ssig33.com/
    働かずに金を得ようとする、あさましい人の集まるサイトです。
    普通の会社員の私には「ふざけるな!」としか思えませんが、
    お金を持っている方はどう感じるのかと思いまして。
    なにかコメントをいただけましたら幸いです。

  2. kuu より:

    kurumiさん、コメントありがとうございました。少々長文になりましたのでメールにて返信させていただきました。ご確認下さい。

  3. […] 少しですが、こちらも関係するかも知れません・・・ […]

  4. […] 古いエントリーですが「学び方」でも触れています。まず自分が「学びたい(学欲)」と純粋な動機が必須になります。コレさえあれば、いついかなる時も何からでも、もちろん誰から […]

コメントをどうぞ



1 / 11