foursquare

gowalla

個人的には充分にわかっていないサービスではあるが、twitterとの親和性もとても良いので一応着目しておくことに・・・

foursquare,gowalla は 携帯できるデバイスのGPS機能を使って、つまり「位置情報」を利用して「なんとなく遊べる」サービスと言っておくことにします。細かい楽しみ方は脇に置いといて(というより表層的な気がするので)、本質的価値は「今、ここ」で「私○○してる」って感じでしょうか?なんとなく時間・空間を共有することで利用者達はリアルで軽くつながる雰囲気を味わうのかな?ユーザーが増えればとても刺激的なサービスになるでしょう。SNSなどのonlineでのつながりではなく、リアルに「いま、ここ」に居る人が同じサービスを使って遊んでいるのだから凄いでしょう?何がすごいかって「出会う」のです。これって応用範囲?その後の展開?色々考えられると思いますよ。

例えば・・・・・

「私今、銀座の○○Bar・・」と「オレも銀座の○○Barカウンターの左端で・・・」

ドラマみたいですか?こんなことは妄想ですかね?(w)

この会話が見知らぬ人達です。ちなみに最初のつぶやきも男です(爆)


で、経営コンサルタントしての考察をするなら、個人で利用するのではなく「B toC」ならばということですが、「街の呼び込み」とか「ビラ配り」といった極めてアナログ的な仕事を「デジタル化」出来るのではないかと・・・いくつかの条件はあるとしても(GPS機能をonにしてあるとか?) 店舗や企業が「目の前にいる見込み客にプロモーションできる」、あるいは「ごく近くにいる可能性のある人にプロモーションできる」等が考えられそうです。

どこかの誰かが「六本木の交差点にて腹減った・・・何食べようか?」とか呟くと、すかさず「交差点脇の○○では只今xxサービス中」等のお得情報が来ちゃうわけです。他にも「妄想企画」はいくらでもできますが、自分も良くわかっていないサービスなのでこれくらいにしておきます。

twitterでさえ「経営に有効活用」してる事例が少ないですが、あと数年したら様変わりするでしょうね・・・iPadもでたことだし・・

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

コメントをどうぞ



1 / 11