お休みっぽいエントリーです(w)おまけに反体制的か?

とりあえず下記のツブヤキを御覧下さい。


浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。─バートランド・ラッセル(英 数学者)

浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。(天下のプー太郎)

・・・同じ言葉でも違いがある。「背景の主張」とはこういう事です。Fri Feb 19 07:47:02 via Power Twitter

アスリートの条件に「強い」だけではなく「爽やかさ」とか「品格」とかを要求されてる。良識とか常識という「背景」が主張し、本来の「前景」が小さく扱われるのは仕方ないのか?Fri Feb 19 07:39:03 via Power Twitter

オリンピックで国母選手の服装について色々騒がしい。(服装に関してコメントするつもりはないです。というよりそんなことはどうでもいいです。)

しかし、川口「引退してもそばに」/フィギュア – バンクーバー五輪 フィギュア : nikkansports.com

五輪出場のため国籍を変更し、ロシア代表となったフィギュアスケート・ペアの川口悠子(28)

のように、今や、「国」の代表というより「個人」の意向で参加してる人達も多いのではないかな?まぁ、歴史ある国際的大イベントですから何かと事情もあるでしょう。またお金もかかるし、ここまで作り上げてきた(貢献してきた)方々に対する敬意や感謝も大切かと思います。

個人的に、好きなゴルフ業界ではスーパースター”タイガー・ウッズ”の扱いもおかしいと思う。

同時に横綱”朝青龍”の扱いも・・・

若い人達(特にトップアスリートや才能豊かなタレント)に対して、「彼/彼女達の才能を純粋に見極めるだけではなく、常識とか良識とセットでオジサン達がごちゃごちゃいう」のはどうかな?この場合、若い人達にとっては当然「古い常識」であって、もしかしたら堅苦しいかも知れないし、価値観が合わないのでは?

だいたい、子どもの頃「得意科目が主要5科目」以外、つまり体育、音楽、美術みたいな分野を得意とする友達は主要5科目じゃないから、「勉強のできない奴だけど面白い、とか凄い」と評価される。そしてその才能を開花させ、一流のアスリートとして、あるいは役者、ミュージシャンという「個人で勝負」してる人達でしょう。もちろん中には生徒会長やったり文武両道の人もいるとは思いますが・・・

このような若い才能を「受け入れる器としてしての社会」であって欲しい、また同時に「若い人達には大いに自分の才能を開花させ新しい常識を作って欲しい」もしこれができないなら、ツマラン奴しかいない(品行方正で生真面目な人達?)規格化されたツマラン社会になってしまう。

私個人としては「自分の信念を貫いて、ツッパって生きる人達を応援したい」それがたとえ大多数の大人が苦言を呈していようとも・・・

ただし、覚悟は必要です。開花できないと、貧乏かも知れないし、誰からも相手にされないかも知れないです(私のように:爆)

それでも「自分に正直に生きてきた経験が手に入ります」(経験者談)

こちらも参考になるかな?「大人って」

古いですが、こちらも参考にして下さい

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

1 Response » to “若い人達へ・・・もっと弾けて欲しいなぁ・・・”

  1. […] こちらも関係します。「若い人達へ・・・もっと弾けて欲しいなぁ」 […]

コメントをどうぞ



1 / 11