arm.JPG

ごちゃごちゃ理屈こねくり回すのがコンサルタントのイメージなのかもしれませんが、経営者に伝えたい事は一言

「可能性にかけろ!!」

これ以外にありません。

方法を聞きたがる人たくさんいます。「How to do」ですね。

「どうするか?」・・・実は無限にあるのです。

知ってるからコンサルタントの仕事ができるのですが(笑)

しかしこれだけでは何の役にも立たないのです。

そう、「How to be」ですね。「どう在るか」こちらのほうが重要です。

というよりこれがなければ経営者はに不向きかもしれません。もちろん、これは経営者に限らず、これから何か事を起こしたい人にも重要ですね。

テクニックも必要でしょう。知識も必要かもしれません。

しかし最も大切なのは「企業家精神」:Entrepreneurshipってやつです。勘違いしてもらいたくなのは「博打を打て」と言ってるのではありません。しかし、リーダーとは「可能性」を「決断の基準」にしている人なのです。

過去にも書いてますが、景気付けに再掲しておきます。

「FIGHT!!」

アントレプレナーシップ(起業家魂)

私は一般の人と同じであることを好まない。できるものなら、普通の人とは異なるべきでありたいし、そうなる権利もある。

安寧を求めるのではなく機会を求める。 誰かに保護されているが為に、自分をことさら卑下したり殺したりしたくはない。

夢を持ち、その実現の為に、成功する為に、また失敗する為に、あえてリスクをとる。 わずかな施しと夢を交換したりはしない。保証された人生よりは挑戦者であることを好み、気の抜けたユートピアの平穏より、成熟に邁進するスリルを選ぶ。

施 しものやちょっとした恩恵の為にプライドを失ったり、自由と交換したりしたくはない。

どんな偉い人であろうといじけはしないし、ましてや脅しなどに決して 屈したりはしない。誇り高く、恐れることなく、すっくと立つことは、自分が先祖より受け継いだ資産であり、自分の為に考え、行動し、自分で創り出した利益 をエンジョイし、そして世界に向かって胸を張ってこう言うのだ。

「俺のやった仕事を見てくれ!これがアントレプレナーと言うものだ!」と

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

コメントをどうぞ