異常に暑い夏ですね!皆様いかがお過ごしですか?どうぞ、健康には充分にご留意下さいませ。

地球全体で気候の変化があるのでしょうか?少しずつではありますが、確実に何かが変化してきてるのでしょうか?外的な環境がいくら変化しようが、「それに順応できる自分」で居られることが最も大切な生き延びる智恵なのかもしれません。

最も強いものが生き延びるのではなく、最も賢いものが生き延びるわけでもない。唯一生き延びるのは変化するものである。(進化論:C・ダーウイン)


もちろん、これは暑さ寒さという自然環境の変化だけではなく、ビジネスを取り巻く環境においても同様に適応できなければ社会から淘汰されてしまうでしょう。生き物と同じように企業も生存競争を勝ち残る事を要求されているからです。勝ち方にもいろいろなモデルがあると思います。勝ち=価値ではなく、より多くの人に「新たな価値を提供する」。

競争で勝ち残るのではなく、社会から、世間から選ばれて、勝たせてもらえるようなビジネスを作り上げたいものですね。

とはいってもこの暑さ、先日twitterで


大風とか、大雨なら少し様子みてから出かけるのに、猛暑の場合はそうしない。危なさで云えば暑さの方がデンジャラス!!命懸けで仕事?Thu Jul 22 04:02:06 via HootSuite

と呟きましたが、暑さで電車が止まるとか、足止め状態になることがあまり無いので、どうしても「活動的」になります。動物などは大抵の場合、木陰で休むとか、昼寝をしてるケースが多いのでは?人間も自然に生きるなら、多分昼寝をしたり、「ゆっくりと休む」必要があるのではないでしょうか?最も大切な事は「健康」では?社会的な責任や使命のような「健康より大切な何か」があるかもしれません。しかし、この歳になっても私には健康より大切な「何か」を発見できずにいます。日中の暑い時間は「長い昼休み」としてのんびりした方が生産性が高いのでは?

個々人の価値観は固有に作り上げられているので何ともいえませんが、

「みんなそうしてるから・・・」、「普通はそうだから・・・」、「いつもそうだから・・・」 というような”思考停止”的(因習的?)な判断基準は如何なものでしょう?

同じ事を繰り返す事で新しい何かを期待するのは愚かなこと、違うことを実施することで違う結果が手に入ります。

安定という幻に固執するより、変化を楽しむ方が しなやかさを感じます。(あくまでも個人的な価値観ですけどww)

いずれにせよ、これから一ヶ月間程度は暑さと上手に付き合うことが必須でしょう。

【お薦め】

「身体とのコミュニケーション」をはかり、身体が何を欲しがっているのか?耳を傾けてみましょう!!

睡眠かもしれません。栄養かもしれません。家族との語らいかもしれません。親しい人と時間をともに過ごす事かもしれません。独り静かに過ごすことかもしれません。

多くの人にとって「仕事」が最優先になってると思います。ほんの数時間、いや、ほんの数分で構いません。自分の身体が何を欲しがっているのかダイレクトに聴いてみましょう。決して頭では聞くことができません、身体の反応を感じ取れる精妙さが必要になるでしょう。。。

「健康最優先」をお薦めします。

ではでは

この記事は関連するかも?

 

コメントをどうぞ



1 / 11