世の中には人生をコントロールして生きてている人と、周囲からコントロールされながら生きている2種類の人が居るように感じます。もちろんどちらも100%ではありません。だからこそ、自分自身の人生をできる限り自分でコントロールできたら良いですよね?

  • ただし、言うは易く、行なうは難し。実際に人生をコントロールして思い通りに生きていこうと思ったら、自分の身に起こる全ての現象に対する全責任を引き受けなければなりません。
  • 人生をコントロールしている人は、良いことが起きても、悪いことが起きても全ての原因を自分に帰している様です。特に悪いことがおきたときにも、自分が悪かったと、とその責任を引き受けられる度量があるかどうか。
  • 思い通りに事が進まないとき、景気のせいにするのか、天気のせいにするのか、自分の勉強不足に原因をおくのか、行動不足をその原因とするのか。
  • 人間関係でうまくいかない時、あいつが悪いのだ、こいつのせいで・・・、私は、俺はこんな嫌な思いをしている・・と思うのか、それとも上手くいっていってない原因の一切を自分に求めるのか。
  • 自分の責任として引き受けることが、反省と向上の第一歩。そこには大きな苦難を伴うかもしれませんが、それを認め、克服してこそ、人生をコントロールし、徐々に自分が周囲に与える影響力が拡大します。
  • 逆に上手くいかない事を人やその他のせいにしてみたり「偶然、たまたま」を口癖のようにいうことで、自らの失敗を糊塗することを繰り返すと、一時的には自尊心が保たれるかも知れませんが、やがて自分のコントロールの範囲がドンドン狭められ、結局周囲の出来事、環境に自分の人生を委ね、コントロールされる立場となってしまいます。
  • いついかなる場合でも、全ての身の周りの出来事に対して自分に責任を求め、それを背負う決意と覚悟を固め、行動することで少しずつ、少しずつ、影響を与える範囲が大きくなっていくのだと思います。

もちろん、一人ひとりの内面世界では充足感や満足感を手にすることでしょう。更に達観した人生を歩む方も居ることでしょう。

周囲の出来事にどうのように関係するのか?都合の良し悪し、気分の良し悪し、その他様々な現実に自分自身がどう向き合い、いまここで、自分に何ができるのか?と常に問いかけることが人生をコントロールする秘訣かも知れませんね。ほんの少し勇気が必要な時もあるでしょう。しかし、その繰り返しが自分の人生を自分の意思で生きていると実感できると同時に、生かされていると実感できるのかもしれません。

暑い夏は今しばらく続く気配です。この暑さを楽しむチャンスです。健康に留意しながらも是非楽しんでください。

Enjoy your life!!

この記事は関連するかも?

Tagged with:
 

コメントをどうぞ



1 / 11