少々違った切り口から、この時期だからこそ「組織と調和」を考えてみました。(少々無理がありますw)

自然界の「美」にはアンモナイトに代表されるように自己複製の連続が織り成す美しさがあります。相似象というのでしょうか?とても調和している状態だと思います。Designの分野では当たり前のことです。

続きを読む »

 

マスコミの報道姿勢、またそれを受けての反応がtwitter等で「批判的」に騒がれているのが散見されます。残念です。私が批判的にならない理由を書いておきます。参考になれば幸いです。

続きを読む »

Tagged with:
 

Pray For Japan

On 2011年3月15日, in 3.人生・問いかけ, 6.空のつぶやき?, by hirotamaki

この出来事を自分の内側で風化させないために・・・

自分の限界を超えた時に沸き起こる感覚が「祈る」という行為に繋がるのだと思う

続きを読む »

Tagged with:
 

今回の地震、津波で亡くなられた方にはご冥福をお祈り致します。

「人間が作った街ですら」一瞬にして瓦礫の山と化してしまう。神戸の地震より「多くの方が恐怖を感じた」ことでしょう。被害の大きさも大きいと思います。大自然のパワーを前にすると圧倒的に無力な「個人」を痛感します。

しかし、同時に「人の絆の強さ」を実感できる瞬間でもありました。私は地震当時ゴルフ場にいました。不気味な地鳴りと激しい揺れで立っているだけで為す術がなかったです。4人とも経営者で、会社や家族の安否を気遣い、一斉に同じ行動をとりました。また帰りは一般道で信号は消えていました。譲り合いの精神が見事に発揮され、事故もなかったと思います。

続きを読む »

Tagged with:
 

「組織は目的を達成するための手段である」

組織構造は目的達成のために構築され、組織運営は目的達成のために為されます。それゆえに組織に集う人は「どの様な個性があっても」機能でしかないない訳です。期待された役割を完璧に遂行するよう、自らを「組織人としてコントロール」する必要があります。あなたの価値観、信条、ポリシ-、好み等「個人的な要素」は出来る限り排除せねばなりません。極論すればメカとして行動する必要があるのです。

続きを読む »

 

ブランディングやマーケテイングの考え方に古くからAMTUR(アムツール)の法則があります。

Awareness(認知)→Memory(記憶)→Trial use(試用)→Usage(利用)→Royal Use(愛用)

これは消費者の行動として皆様方もすぐに理解できると思います。Trial までは販売促進(プロモーション)の領域ですね。

こちらにはAIDMA(アイドマ)の法則などが有名です。(購買に関して trial use までは誘引できる)

Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)

続きを読む »

Tagged with:
 

記事にしようかどうか少々迷いましたが、最近はチョットヘビーな記事を書いてるので軽めに書きます。twitterには沢山のジェネレ-タ-があり ます。大方は「IDを入れる。適当な文字列を吐き出す。ツイートする」というのがパターンです。まぁギャグとか笑いの領域ならとても楽しいです。

入り口は似てるのですが、今回はチョット違う切り口のサービスです。とりあえず試してください(また戻ってきてね)

続きを読む »

 

組織は戦略に従う

On 2011年3月8日, in 1.仕事・企画・戦略, by hirotamaki

まんまのタイトルです。有名な表現なので経営者なら聞いたことがあると思います。とても刺激的な表現です。

で、これとは少し違った切り口を提唱したのが、イゴール・アンゾフ。彼は製品-市場マトリックス(アンゾフマトリックス)として有名ですね。

どちらかと言えば「戦略は組織に従う」に近いです。「戦略ありき」vs「組織ありき」どちらなのでしょうか?敬愛するP・F・ドラッカーは前者を支持します。まぁ、帰納的か演繹的かという感じでしょうか?

ところで、「戦略とは」なんでしょうか?

続きを読む »

 
15 / 39« new...510...1314151617...202530...old »