20年ほど前に「自動経営システム」を作って欲しいと言われたことがあります。その会社では些細な意思決定も社長が行っていました。結論から言えば完成しなかったです。それでもかなり効率的な意思決定ができると社長は喜んでいました。低スペックマシンで膨大な計算処理をして出てくる結果は「社長の勘の結果」と差異が少なかったので、担当者に仕事を振り向けることができたからです。

単純に言えば、

「経営に影響を及ぼすであろう主要素を媒介変数としてとらえ、適度な指数により重要性を調整し(ココが社長の勘)、一定の処理をして出力された内容に従って意思決定する」という内容です。


今回はシステムについて少々書いておきます。

続きを読む »

Tagged with:
 

情報って何?と問われたら皆さんはなんと答えますか?

TPOによって違いがありますが、かなり曖昧な言葉かもしれません。

「情に報いる」と情緒的な言い回しも出来ますが、もしかしたら「人それぞれの解釈で、なんとなく了解されている言葉」ではないでしょうか?過去に

情報ってなに?: BLOG de KATARI (Copy)

情報は段階的な違いを内包した言葉であり、ある程度正確に流通するモノといえる。段階的違いは少なくても上記イメージ・ニュース→インフォメーション→データ→インテリジェンスの4段階は含まれる。

といった記事もかいてます。引用部分だけでは少々わかりづらいので、整理しておくと(時間がある人は是非読んでください)、

日本語の情報には

  1. イメージ・ニュース(image,news)
  2. インフォメーション(information)
  3. データ(data)
  4. インテリジェンス(intelligence)
  5. トゥルース(truth)

のレイヤーの違いがあります。そして、1,2,3,4で表現される情報は「モノとして比較的に正確に流通」しますが、5はモノとして扱うのは少々無理がある。といったような事を記載してます。

さて、今回の記事のタイトル「情報で一番大事なこと」の結論を先に書いておきます。

結論:「信頼できるかどうか、自分で確かめろ!!」です

続きを読む »

Tagged with:
 

就活:就職活動(学生)-採活:採用活動(企業)

「文科省の調査は内定者÷就職希望者数で内定率を弾き出しますが、そのサンプルになった大学は全国約800校中わずか62校。しかも、その顔ぶれは東大、一橋、早慶、上智など有名校が中心。 http://bit.ly/e1gpWYTue Jan 25 16:20:29 via bitly

実態がどこまで正確なのか知りません。しかし、経済環境から厳しいだろう事は予想出来ます。大卒だけではなく、高卒、中卒、あるいは専門学校などの学生もこれから社会人としての第一歩を踏み出す人生の大きな節目において、真剣に活動していることでしょう。

俗にいう有名校の学生は、やはり有名企業、大手企業に就職したいと望む人が多いのでしょうか?もしそうだとすれば、「何を根拠に」選択するのでしょう?

就活とは、非常に限られた情報から企業選択し、未体験の領域に踏み込む意思決定です。

まず、「知ってる企業しか選択肢にないこと」を承知しておく必要があるでしょう。当たり前すぎて見逃すところです。知名度の高い企業が、あなたにマッチしているとは限りません。現在業績の良い企業が将来良いとは限りません。待遇や仕事の内容、会社の雰囲気・・・これらは「仕事の条件」でしかありません。「条件が変わらない」なんて事はないのです。変化の激しい時代においては尚更です。

では、何を根拠にすればよいのでしょうか?

続きを読む »

 

死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密

五つの秘密

  1. 自分の心に忠実であれ
  2. 思い残すことのないように生きよ
  3. 愛になれ
  4. いまを生きよ
  5. 得るより与えよ

こうして列記すると、一度ぐらいはどこかで聞いたり、読んだりしたことがある言葉ですよね?当然といえば当然、しかし、これを実践するのは意外と困難では?

amazon、商品の説明には以下の事が書かれています。

賢人たちの発言の一部を紹介します。

  • 「自己実現と好奇心と探求に情熱的に取り組むことだ」 ウィリアム 64歳
  • 「人の顔色をうかがうな」 ドン 78歳
  • 「あわてて幕を引くな。アンコールか第四幕がつきものだから」 ジョシ 79歳
  • 「自分の心に従い、こうありたいと願う人間になりなさい」 ボブ 59歳
  • 「お金を目標にしてはだめ。節約し、楽しめる仕事を選びなさい」 メイ 72歳
  • 「つねに、することを五つ以上、見つけなさい」 ルーシー 101歳
  • 「自分や人を深く尊敬しなさい。人を傷つけてはならない」 ジュリアン 76歳

(235人の賢人が教えてくれる幸福な人生を送るための5つの智恵)

内容を全部紹介する事は出来ないですが、

続きを読む »

Tagged with:
 

自分でも混乱気味なタイトルです(笑)、しかし重要なテーマだと「考え」ています。

「考え方」「考え」はもちろん違います。これは説明の必要がないでしょう。例えて言うなら「料理の仕方」と「料理」の違いみたいな感じです。

「考え方」は個人的な内面の作業


「私とあなたの考えが違う」これは様々な場面で起きています。その理由は「考え」としてアウトプットされた「モノ」を比較する行為です。アウトプットされる手前の工程の「考え方の違い」があるから「考えが違い」ます。料理なら、料理の仕方が違うので、料理が違います。

考えと考え方は「微妙な違い」なので普段はあまり意識していないかも知れません。だから、「私とあなたの考え方が違う」というのは「当然過ぎる」のでおかしな表現です。



では「考え方」という工程(プロセス)はどの様になされているのでしょうか?また「その工程」を伝える事はできるのでしょうか?

続きを読む »

Tagged with:
 

皆様は冒険と聞いてどんなことを思い描きますか?

険しい山登りでしょうか?

深海に潜水することでしょうか?

絶壁から飛び降りることでしょうか?

・・・・

普通の人は「まずできないだろう」と思えるような事に挑む人達を冒険家というかも知れません。

「なぜ山に登るのか?」

ジョージ・マロリー – Wikipedia

「そこに山があるから(Because it is there.)」

見事な回答だと思います。しかし、

続きを読む »

 

読者の皆様は「ゆでガエルの話」をご存知だと思います。

沸騰したお湯の中にカエルを入れれば「熱さ」に驚いて、飛び出し、危機を脱出します。しかし、ぬるま湯の中にいれて、徐々に温めていくと沸騰してる頃には茹で上がってしまいます。

今、多くの人が「ぬるま湯」に浸かっているのかも知れません。先行きの見通しが悪く、何をしたら良いのかわかない。「何かしなければ」と思いつつ日々が虚しく過ぎてしまう。「得体のしれない不安」が徐々に自分を蝕んでいるような感じすらあるのではないでしょうか?

しかし、なんとか生きてられる「ぬるま湯」の心地良さはあるのです。多少の蓄えがあり、地味に生活してれば「いつか」いい日が来るのだと・・・こんな状況では消費に意欲が向かわず、「じっとしてる方がましだ」と思っているんかもしれません。

続きを読む »

 

この記事は前記事の続きです。前回はFC本部の体制について大雑把に纏めてあります(資料参照)。

今回はFCに加盟する。即ち「フランチャイジーとして事業をはじめましょう!」というテーマです。

FCモデルは、単独で事業を起こすより、実はリスクはかなり低いです。以前のデータでは1/10程度まで廃業率が落ちます(10年ほど前のデータ。ソースは失念)。つまり10倍「上手く行く」のです。

しかし、コレにはいくつか条件があります。フランチャイザー(FC本部)の体制がしっかりしていないと話になりません。

例えばあなたが未経験で、24時間営業のCVS(コンビニ)とか飲食店を始めるとしましょう。おそらく、商売の経験が無ければ何から手をつけて良いのかわからないはずです。立地、建物、店内レイアウト、MD、会計、接客、業者設定、取引条件、受発注、在庫管理、広告、・・・・経営するには無限とも思えるテーマが存在します。これら全てを「あなたの代わりに整えてくれて」経営指導までしてくれるのが本部です。どちらが心強いですか?答えはわかりきっています。

FCザーはFCジーに対して「独立開業・経営支援」を行うのが本務です。FCジーは加盟金や開業資金、あるいはロイヤリティーを支払う必要はありますが、それなりに収益が上がる仕組みを手に入れるのです。たとえFCジーに参加しようとするのがズブの素人でもです(ココ重要)。

しかし、当てが外れては虎の子の資金をドブに捨てるようなものです。FC本部選びは慎重になってしかるべきでしょう。

では、どこをチェックすれば良いのか?最低限の7つを書いておきます。

続きを読む »

Tagged with: