コンサルタントとして企業コンプライアンスに関するテーマを暫々扱います。コンプライアンス部門は実に地味な扱いを受けるケースが多く、通常は目立ちません。これは、「事が起きないように先回りして手を打つ」のが仕事だからです。しかし、一旦事が起きると「コンプライアンス部門は一体何をしていたんだと!」と矢面に立たされるという、何とも割にあわない仕事です。

続きを読む »

Tagged with:
 

日本復興計画

On 2011年5月4日, in 5.本, by hirotamaki

GWも中盤ですね。私は何処にも行かないので、前記事に書いたように少々トレーニング中です、身体は全身が筋肉痛で悲鳴を上げてますw。これだけでは頭まで筋肉になりそうなので、バランスをとるべく、乱読ですが、精力的に読書をしています。今回は軽く読める一冊のみご紹介しておきます。

続きを読む »

 

当たり前かもしれませんが、多くの方は連休中の予定は「普段」と違う事が多いと思います。

もし、特に何も予定してないなら「健康的に過ごす」というのはどうでしょう?

続きを読む »

 

Responsibility (責任)=Response (反応)+Ability (能力)

「責任をとる」、「責任がある」は暫々耳にします。通常は仕事などで、「やるべき事を行う責任がある時」に使われます。どちらかと言えば「行為」にフォーカスされていますね。前記事にも関連しますが、内面の責任を書いておきます。

冒頭に書いた、Responsibility (責任)=Response (反応)+Ability (能力) は多くの方がご存知のことでしょう。

続きを読む »

 

リーダーは違いを創る人!当ブログでは過去にも似たようなことをたくさん書いてます。変わったことしましょうとか、目立ちましょうと言ってるのではありません。ただし、誰もが、自分の人生に「違い」を創ること、即ち、「今までの人生」と、「これからの人生」に違いを創ることは可能です。更に表現すれば、ご存のように「他人と過去は変えられない」という名言にあるように、違いを創るのは「自分の人生でしかない」のです。

続きを読む »

Tagged with:
 

誰もが一度は聞いたことがありそうなタイトルですね。

それでも、くり返し言われるのは「本当に大切」だからだと思います。まずはこちらを御覧ください。

続きを読む »

 

孫氏の評価をする記事ではありません。しかし、この度の彼の行動には、多くの人が学ぶべき点があると考えます。

続きを読む »

 

生き方のモデルとして「一貫性を生きる」のは時に大いなる困難を伴います。歴史上の人物では、マザー・テレサ、マハトマ・ガンジー、キング牧師、ナイチンゲール、シュバイツアー・・・・と極めて「激しい一貫性を生き抜いた人達」がいます。

続きを読む »

Tagged with: