悩んだり、行き詰まることは人生でよくあることです。堂々巡りをして有効な解決策も思いつくことなく気分は悪くなる一方…。主体的に活動すれば全く違う「現実」を体験するはずですが、それすらも気力がわかない。なんて時に試してみると効果的なのは「頭の中でぐちゃぐちゃになってる悩み事」を紙に書き出すことです。あのカーネギーも命拾いしたのですから!

続きを読む »

Tagged with:
 

タイトルは経営者やコンサルタントなら当たり前すぎる事柄です。問題発見能力と問題解決能力は一対になっているので、「問題視」した人が「問題解決」をするのは当然ですが、実はここにかなりの偏りがあるので要注意です。

全体を俯瞰できる能力のある人しか真の問題は発見できない。真の問題とは、発展成長にの向けて「解決しなければならない課題」と定義しておきましょう。

続きを読む »

Tagged with:
 

よく言われる習慣の定着期間です。長い人生のたったの3カ月「良き習慣」を身につけたいものです。ではいったい良き習慣と悪しき習慣の違いはどこにあるのか?結論から言えば、悪しき習慣は「なまけものになる(ラクをする)」のです。ぐうたらに生きていれば顔つきも体型もたぶん「ぐうたら感満載」になると思われます。思考そのものが「ぐうたら」に支配されてしまう事でしょう。

続きを読む »

Tagged with:
 

人はどう評価されるのか、「ずるい」「ひどい」「うらやましい」「すばらしい」「すごい」…

一定以上の成果を上げた時、その人物や組織は周囲から評価されます。そしてその評価のされ方に微妙な違いがあります。

続きを読む »

Tagged with:
 

格言めいた表現で、

できるかできないかではない、やるかやらないかだ!

ってあるでしょう。言わんとすることはごもっともだと思いますが、極論って感じるのは私だけかな?もう少し、中間というか曖昧なのがあってもよいのでは?と思い考えてみました。

できるかできないかではない、できそうかできなさそうかだ!

できないのではなく、「できそうにない(やりたくない)」気分が先行しているのでは?と考えた次第です。

続きを読む »

Tagged with:
 

「何をしたいですか?」「どんな夢がありますか?」こんな質問をしてもはっきりした答えを持ってる人は意外に少ない。他方、非常に明確に「夢中で自分のやりたいこと」を実行している人達もいる。この違いは一体何か?それは「何かをド真剣にまじめに取り組んだことがある人」はやりたい事がはっきりしている様です。

1.きっかけ

たまたま就職した会社かもしれないし、たまたま出会った仕事かもしれないし、「たまたま」で片づけられる程度の出来事ではないでしょうか?もちろん後で振り返れば意図的な物語を作ることはできますが…。

続きを読む »

Tagged with:
 

最も強い組織は、達成したい成果の為にお互いが協力できる組織です。もう少し具体的書くと、常に誰かと誰かの関係が固定的な状態ではなく、様々な局面でお互いの役割が柔軟に変化するような組織と言えます。その為に最低限必要な要素は、

  • 状況の共通認識
  • お互いの役割の合意
  • 役割を実践できる能力
  • 信頼関係

続きを読む »

Tagged with:
 

納期のない仕事はない。どんな仕事も必ず納期(期限)があります。最短で最高の仕事を最安値で提供できれば理想です。理想に近づくためにあれこれ工夫するのが経営努力というのでしょか?もちろん精神論でかたずける話ではなく「継続性」が要求されています。「今回だけ特別」は仕事になりません。仕組み(システム)として機能するようにデザインされていなければならいのです。

続きを読む »

Tagged with:
 
3 / 4312345...101520...old »