連休に何をするかな・・

On 2008年4月25日, in 3.人生・問いかけ, by hirotamaki

GWは一般的に気候の穏やかさもあって、外出する人がおおい、行楽地は沢山の人で賑わうことだろう。高速道路も気が遠くなるほどの渋滞がおきる。

もし出かけないなら、仕事を離れてゆっくりと時間を過ごせる可能性がある。(休日仕事の人は無理か?仕事をしていない人はどうかな?主婦の方は休みは余計に大変かもしれない?)

もし、時間があるなら、瞑想することをお勧めする。静かに自分自身と向き合うだけでも良い。

私達は、意識的にあるいは無意識に自分自身の生き方を決めているはずだ、長い年月が経過するとチョットした決断が大きな変化をもたらした事もあるだろう。しかし、過去に戻ることができない、その時その時はベストな判断をし生きてきたと解釈したほうが良い気がする。しかし、GWや正月など、多少時間があるときに自己の確認をしておくほうが、もしかしたら、先々役に立つかもしれない。さもないと、自己喪失感で人生そのものを無駄に感じてしまう危険性がある。日々の業務で忙しい経営者や管理者はなおさらだ。

自分の内面をゆっくり眺めると、もしかしたら、

「こんな風に生きたいと思う自分」

に出会う可能性がある。いまだ実現していない「生き方」なのだろう・・・

その先に「でも、むりだな。。。」と諦めの気持ちが持ち上がることもあるだろう。しかし、「本当の自分?」を大切にすることは悪いことではなかろう。実現するかどうかは自分次第なのだから・・・

もちろん反社会的な生き方は論外として、「内側で発見できた生き方」が自分にとって最高のものであり、社会にとっても有益であるなら、そこに向かって「何かことを起こせばよい」だけだ。価値があると思うことを実現するのに何の躊躇が必要なのか?些細なことでも一つ一つ実現していくことで、「真に在りたい自分」だけが残されるだろう。人生は長いようで短いかもしれない?思い通りにい生きたいなら、「思った時」に「思った通り」に生きることを実践してみてはどうか?

幸い既に実現しているなら、「そのこと」に感謝することができるはずだ、もしまだなら、「そこ」に向かえる環境と己に感謝することができるだろう。

常に最良の人生を生きるために、常に最良の一日を過ごす必要がる。

「最良」は「最悪」と比較されるのではなく「良」と比較される、

「決して悪いわけではない」この微妙な違いの積み重ねが、重大な違いになってしまう。

Let’s enjoy our lives!

※写真はあまり注目されない春の「もみじ」。。。秋になれば誰もが「紅葉」を楽しむのだが・・・

こちらは昨年のもみじ

Tagged with:
 

3年ぶりの米国、円高(というよりドル安か?)のおかげでちょっと得した気分になれたのはありがたい。

(前回とは訪問した地域が違うのでなんともいえないが・・・)

  • 不景気な印象はやはり強い、ショッピングモールでも改装中とは思えない閉店が目立ったような気がする。
  • サブプライムローンは「若い人に高額な住宅ローンを組む点」で始めから無理があるのは当然だ。それを闇雲にに金融商品に組み込むから更に複雑になってしまったのであろう、結果としてかどうかはよくわからないが、「短期の小金を貸し出すshopがとても増えている」様に感じた。日本のサラ金みたいな感じか?
  • 携帯電話ショップやipod関連のshopも増えていえるように見受けられた。
  • TVコマーシャルは健康関連(ダイエットやアンチエイジング)が非常に多い。
  • ダイヤモンドレーンという車線が上手く機能している。2人あるいは3人以上乗車している車のみが優先的に走れる車線で渋滞がほとんど無い?圧倒的に一人乗車が多く、省エネの観点からか、移動コストの見直しをしたようだ。
  • アパレル関連のshopは減っているような気がした、代わりにスニーカーなどの靴屋が増えていたような気がしたが、これは気のせいかもしれない・・
  • 写真は大型DVD shop「FYE」  日本のアニメ の英語版がものすごく多い!かなり古いものもあるが、最近のタイトルも豊富(メジャーなタイトルだとDeth noteなど・・その他かなりマニアックなタイトルがあった!アニオタとしてはこんなものまで英語版になってるのかと感心してしまった)
  • オリエント嗜好のレストランが増えているのではないだろうか?なんとなく健康によさそうな印象を持っていえるようだ、実際はかなりアメリカナイズされたオリエンタル料理なのでなんともいえないが・・・
    fye.jpg
  • それでも将来は明るい?・・・子供の人口は増えているし、流入人口も多いので結局「若い力」が次々に育ってくる予感がある。日本の超高齢化社会とは逆で若者が多いのはやはり長期的に見ればパワーとなるのではないだろうか? 無責任にたくさん子供を生んでいるわけではなく、子供を育てていける環境があるからだろう。国土が広く土地や資源も十分ありそうだし、楽観的といえばそれまでだが、将来を不安視している人の数が少ないのかもしれない?学校などの新設もあるようだし。日本は国土の大きさからしても人口密度が高く、更に都会に人が集まると、都市部は非常に住みにくい環境になってしまう。ココは一つ大胆な発想で、東京、大阪、名古屋、・・・と巨大都市は年齢制限を設けて若者だけが(あるいは高齢者だけが)居住できるようなことを考えてみれば面白いのではないだろうか?そうすることで様々な変化が起き、新しい国になるような気もするのだが・・・

最後のコメントはとにかくとして、なんとなく将来を楽観視するような雰囲気がアメリカにはあるようだ・・・(これも個人的な印象なのであてにはならないが)それに比較すると、どうも日本の将来展望を楽観視している人は少ない、逆に楽観視すると「こいつは馬鹿か?」と言わんばかりの目で見られる!

まるで、注意深く、悲観的に将来を見るほうが、思慮があり利口であるかのような社会だ!

私のような、楽天家は非常に軽く扱われるのはどうも腑に落ちない(笑)

注意深く、楽観的に将来を見ることも可能なのに
Cool

Tagged with:
 

海外出張?

On 2008年3月13日, in 1.仕事・企画・戦略, by hirotamaki


hotel.JPG

久々の米国出張!旅行か?考えてみると暫く海外に出ていなかったので、少々気分転換になる良い機会だ。1週間も出かけるのでそれなりに楽しめるか?

今回、費用は全て先方が負担してくれるのでとてもありがたい。

写真は自分ではまず予約しない5★のホテル!

隣接地区にはたくさん観光地もあるのはずなのに、多分どこにも行けないのが残念だが仕方ないか・・・仕事で訪問するのだから贅沢は言えない。

まぁっ、このところの円高は海外に出るにはあるがたい。なんとなく得した気分になる。

株式相場の下落、円高と日本の経済はこれからどうなっていくのか、政治家や官僚がいくら小手先の施策を打ち出してもどうにもならないだろう、そもそも近視眼的、且つ局所的にしか目を向けない人たちが多いのだから・・・いずれ「神の見えざる手」がちょうどいい塩梅に着地点を指定するはずだ・・もちろん世界規模の話なので、個々人の生活にどれほど影響するのかはジワリと感じてくるはずだ(一部小麦粉やガソリンの値上がりで生活実感がわくものもあるが・・)、株式投資や資産運用をしている方にとっては日々の市況など気になるだろうが、これは「お金が余ってる人達」の話で、一円でも安いお店で買い物をしている我が家の生活には他人事だ、もちろん長い目で見れば先に書いたように影響が及ぶに違いないが・・・

今回の出張は米国の景気を肌で感じてこれるかもしれない。暇を見つけてローカルなショップや普通の街をふらつくつもりだが、海外でいつも思うことに「元いたところに戻れるか?」とても心配だ(笑)

外人が「東京の地下鉄がわからない」というのと同じような感覚なのかな?

いずれにせよ、桜の花が見えるころには「やっぱり日本はいいね・・・」と浮かれたいものである。

Tagged with:
 

実物? Gmail 愛好家は必見かも?

On 2008年2月26日, in 8.その他, by hirotamaki

これはかなりの力作です。というより力技か?


ロシアの方が何を考えてこれを作ったのか、まったく私には理解で行きませんが、gmailをかなり長く使っている私は「ものすごく親近感が沸く」作品です。妙に最後まで見てしまって微笑んでしまう・・・

ロシア語はさっぱり不明ですが、見ているとなんとなく何を言いたいのかがわかります。(gmailを使ってない人はまったく意味不明な作品です)

世界中には「常識人」では考え付かないようなことをする「偉大な方?」がいるものだな・・・と改めて思います。見ようによっては「変人」とラベルされるような人でも「偉人」といえるかもしれないので、もう一度私の周りにいる「変人」を再チェックしてみよう・・・ん?もしかして自分も変人か?
Tongue out

Tagged with:
 

中村寅吉氏が死去・・・ご冥福をお祈りいたします。

2008年02月12日

1957年のカナダカップ(現ワールドカップ、埼玉・霞ヶ関CC)で優勝するなど通算36勝(公式戦17勝)を挙げ、引退後も指導者として多くのプロを育て日本プロゴルフ界の発展に寄与してきた中村寅吉氏が11日午後4時15分、老衰のため神奈川県の病院で逝去された。92歳。慎んでお悔やみを申し上げます。

社団法人 日本プロゴルフ協会より引用】

ゴルフを8年前にはじめて、今ではどっぷり嵌っている。ゴルフの歴史は諸説あるものの100年超える程度の歴史といわれている。最もさらに昔、似たような遊びがあったとしてもおかしくない。

日本ではちょいと変わった導入をされてきたのかと思う節がいくつかあるが、このエントリーには関係ないので触れないでおこう・・・

まだ、戦後間もないころ、中村氏をはじめ、それこそゴルフを根付かせる活動があったはずです。今日のゴルフ業界の基盤を作ったといっても過言ではないだろう。たった一人とは言わないまでも、その先に大きな変化を創り出すことは偉業といえよう。

仕事においても、生きることにおいても「影響力のある人」=「リーダーシップを発揮している人」といえる。

リーダーシップ論もたくさんあるが、一言で表現するなら「変化を創り出す人」につきる。

業界に変化をもたらす人、新しい価値創造ををする人・・表現に多少の違いはあるものの「何かにチャレンジする」とは変化そのものを生きている人に違いない。

ゴルフを楽しめるのも、中村氏のような大いなる野望をもち、変化を作り出したパイオニア的存在のおかげである。感謝!!

常に革新的に思考し活動したいものである。

Tagged with:
 

人類が滅亡したら・・・

On 2008年1月23日, in 3.人生・問いかけ, by hirotamaki

以前こんなエントリーもしていますが・・・

http://blog-de-katari.seesaa.net/article/57645538.html

今回はもう少し、ビジュアル的には迫力がある。本来は娯楽映画的に楽しむべきテーマではないと思いますが、よくできています。

もちろん非常に示唆的であり 「生きる価値」あるいは「生きる意味」を考えさせてくれます。

参考までに・・・

http://www.history.com/minisites/life_after_people

人類が突然地球上から永久に消滅したら地球に一体何が起きるのか?生態系はどうなるのか?人類が築いてきた産業社会は残るのか、あるいは即座に粉々に崩壊していくのか?それらの疑問に対して一定の回答を見せてくれるのが、一日中、歴史関連や教養関連の番組を見ることができるアメリカのCATV「The History Channel」にて放送される「Life After People」という番組。

予告編の再生は以下から。

人類滅亡後の地球はどうなるのかを描いた「Life After People」 – GIGAZINEより引用】

気が遠くなるほどの長い時間を眺めながら、昨今の株式市場などの動きをウォッチしていると、資本主義システムの「歪み」を感じます、この番組は「欲望の極大化」の行き着く先なのか?

いずれにせよ 身近な出来事に一喜一憂して間に、自然の大きなうねりに飲み込まれるのかな?

今日、首都圏は雪、暖冬だと思っていたので「寒さ」が身にしみる。

kanagawaCC.jpg

写真は神奈川県のゴルフ場・・・スキー場みたいです。

Tagged with:
 

(昨年の記事はこちらhttp://blog-de-katari.seesaa.net/article/57645612.html)

anna.JPG
昨年、この麗しきプロゴルファーにちょっと注目していたが、どうやら、今年は米女子ツアーに参戦するらしい。 楽しみな選手である。

**********

2008年は「世界一美しいプロ」アンナ・ロウソンに注目!

Qスクール18位で米ツアー参戦
先ごろ行われた、米女子ツアー2008年のクォリファイング・スクール。最終結果18位に「アンナ・ロウソン」の名前を発見! え、知らない? 彼女、絶対注目ですよ。 17歳でオーストラリアのファッション誌「Dolly」のコンテスト入賞をきっかけにモデルになり、現在も活躍中。アメリカでも「世界一美しいプロゴルファー」と言われているんです。来季は宮里藍や上田桃子の強力なライバルですね。

取材現場に突撃より引用】

***********

若い頃は、おじさんの道楽と決め付けて、興味もなかったが、今となっては「もっと早く始めておけば良かったかな・・」と思うほどである。

なんとく趣味で始めたゴルフだが、今ではゴルフを中心にスケジュールを組み立てているといわれてもおかしくない。

もちろん仕事を優先してはいるが、周囲からは必ずしもそう見られないのは、わからなくもない・・・

ゴルフというゲームには格言も非常に多く、多くの人が語るように「人生と重ねあわすことができる」
アマチュアのレジャーゴルフは一般に、4人一組でラウンドしているものの、各自は別のプレイをしている。

賞賛もあり、野次もある。

自己責任が基本となっているゲーム故、ミスショットしても「完全なる言い訳」のみがむなしく残される。 もちろん、数少ない、完璧なショットには「快感が褒美として手に入る」

シンプルなゲーム故に奥深い・・・「現実をみて、評価・判断をし、手段を選び、実行する」結果として「新しい現実が”すぐ目の前”に現れる」 ・・・より良い結果を求める。この欲求がある限り、悩み続けるのがゴルフなのか?「より遠くに、より近くに・・」

人の人生もこの繰り返しなのかもしれない。思考(空想?)している時間は「現実変化は何もない」

行動・実行した後、新しい現実が現れるだけだ。

だからゴルフに夢中になるのかもしれないなぁ・・・

春が待ち遠しい。昨年は初めて70台でラウンドできたし、今年も自己ベストを更新したい。

Tagged with:
 
このセンスは面白い!!
見てわかる通り、本来なら「きちんと片付ける」のかもしれない洋服など
無造作に放り投げて引っ掛けてお終い。
まさに「お仕舞い」である。
見た目がどうか、あるいは尖ったものに引っ掛ける事で衣類などの傷みはあるかもしれないが、この着眼点は実に見事な気がする。
本来の「べき論」をまったく根底から覆すような収納スタイル!!
本質的には新しい「何か」を生み出す視点のひとつである。
企画やデザイン、更に言えば、経営戦略の見直しにいたるまで、個人でいえば「生き方」の見直しの良いヒントになるのではないだろうか?
もっとも、子供の部屋を見れば「こんなの普通じゃん」とかいって軽くあしらわれそうであるが・・・ (笑)
Tagged with:
 
39 / 41« new...51015...3738394041