HONDA UX-3

On 2009年9月24日, in 1.仕事・企画・戦略, 2.便利かも?, by hirotamaki

c090924a.jpg

これはもしかしたら・・・

これは・・・

イノベーションと言えるのではないか?

Honda 人との調和を目指した新たなパーソナルモビリティ技術を開発

Hondaは、人との調和を目指し、人の歩行のような前後左右や斜めへの自由自在な動きと、人の両足の間に収まるコンパクトなサイズを両立したパーソナルモビリティ技術を新開発し、試作機「U3-X」を公開した。今後は、実際の使用環境における実用性の検証を含め、研究開発を継続していく。  新開発のパーソナルモビリティ技術は、二足歩行ロボット「ASIMO」のロボティクス研究で培ったバランス制御技術と、前後移動に加えて、真横や斜めにも移動できる世界初※の全方位駆動車輪機構(Honda Omni Traction Drive System 以下、HOT Drive System)により、身体を傾け体重移動するだけで速度や方向の調整が可能で、様々な方向に動き・曲がり・止まれるものである。また、「U3-X」は乗車時の足着き性が良く、目線の高さを歩行者同等とするなど、乗る人と周囲の人に優しい、コンパクトなサイズの一輪モビリティとした。  この「U3-X」は、10月24日(土)より千葉県・幕張メッセで開催される「第41回東京モーターショー2009」(主催:社団法人日本自動車工業会)に出展する予定。  Hondaは、移動する喜びや楽しさを拡大する次世代のモビリティの提案を目指し、「U3-X」や「ASIMO」「歩行アシスト」などの開発につながるロボティクス研究を、1986年から株式会社 本田技術研究所 基礎技術研究センター(埼玉県和光市)で行っている。

試作機とはいえ、大きな変化?を感じさる。

人間が人間らしく見えるのは「2足歩行」というスタイル!それすらを超える技術かも知れない・・・

超える事が必ずしも進化とはいえないが、義手、義足、補聴器・・・など、人工的に身体機能を補助するツールは役に立つに違いない。

安全性の確認や、諸処のルール、あるいはスムーズな動きを実現するためのインフラの整備が必要とは思うが、応用範囲はとても広そうである。

ニュースによると、テーマパークやイベント会場での使用(試用?)からスタートしていくようであるが、今の自転車程度に普及したら、 引用文にもあるように「移動する喜びや楽しさを拡大する次世代のモビリティ」としてポジションされるアイテムになるだろう。

絶対に軍事技術にだけは応用してもらいたくない。

Tagged with:
 

ターシャ・テューダー

On 2009年9月23日, in 5.本, by hirotamaki

シルバーウイークも今日で終わる、そのまま26日まで休む人もいるのか?

連休中も仕事、読書、瞑想・・・とあまり普段と 変化なく過ごしてはいたものの、やはり電話やメールがほとんどないので静かな日々。家族との時間が多く持てたのでそれなりにありがたい。

少し前に読んだ本を紹介します。

ターシャ・テューダー最後のことば―ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 (MOE BOOKS)

tasha.JPG

「暮らしに喜びを見つけるのに、大切なことはなんですか」

「これまで人生で、あなたの作品はどんな意味をもっていましたか」

「人生に冬が来たとき、何を心がけたらいいのですか」

・・・・・・

普段はなかなかこのような問いかけをしないのでは?

政治が変わろうが、世界が変わろうが、何が変わろうが、

「喜び」とか「豊かさ」は、いつも変わらずあるのかも?

「発見される」のを待っているのかな?

秋は、体育祭、運動会、文化祭、修学旅行・・・と子供達のイベントが多い、 インフルエンザに邪魔されないよう、本人達が楽しみにいているイベントが無事に開催されることを願う。

Tagged with:
 

BESTMAX.COM

On 2009年9月13日, in 6.空のつぶやき?, by hirotamaki

hitachi.jpg

bestmax.com

このドメインを取得したのが今から12年前の1997年。振り返れば激しく進歩したインターネット環境やそれを利用するデバイス機器。。。とてつもなくありがたいと思う。

1995年11月23日深夜零時に秋葉原に行って win95を購入!その日はまるで大晦日の夜のように秋葉原は人だらけだった。

自宅に戻りそれまでのOS(MS-DOS ver.3.5xだったかな?)に新しい95をインストール。。。

激しく格闘して使える状態になったころには朝になってた(笑)

名刺にメールアドレスを書いても、私の周辺にはほとんどメールを使ってる人がいなかった様で、雰囲気だけになっていたような気がする。何しろダイアルアップでネットに繋いでいた時代ですから。。。。

ノートPCなんてべらぼうに高額だったし、物凄くヘビーな代物(写真のPCは使い勝手が良かったですけど・・・)学生時代にPCを少し触って(当時はマイコンと言ってたような?)緑色の文字のモニターで、インベーダーゲームとかで遊んでた頃ははるか昔だし。。。。

いつの間にか、複雑な仕様であまりいじれなくなったハード類は「使えればイイか。。。」

これは車のエンジンをいじるのと同じで「昔はかなりカスタム仕様?」にしてたのに今じゃ「動けばイイか。。。」

だんだん年取るわけだ(爆)

子供達がニコ動のライブで遊んでるのを傍目にみて羨ましいと思うのはやっぱり「おやじ」か(爆)

Tagged with:
 

親父の小言

On 2009年9月12日, in 6.空のつぶやき?, by hirotamaki

oyaji.jpg

皆さんも一度ぐらいはどこかで見聞きしてるのでは?居酒屋の壁に貼ってあったり、箸袋に書いてあったり・・・・

朝はきげんをよくしろ
人には腹をたてるな
恩は遠くからかへせ
人には馬鹿にされていろ
年忌法事をしろ
家業には精を出せ
働いて儲けて使へ
人には貸してやれ
女房は早くもらえ
ばくちは決して打つな
大めしは喰うな
自らに過信するな
火事は覚悟しておけ
戸締りに気をつけろ
拾は届け身につけるな
何事も身分相応にしろ
泣きごとは云うな
神仏はよく拝ませ
人の苦労は助けてやれ
火は粗末にするな
風吹きに遠出するな
年寄りはいたわれ
子の云うこと八九きくな
初心は忘れるな
借りては使うな
不吉は云うべからず
難渋な人にほどこせ
義理は欠かすな
大酒は飲むな
判事はきつく断れ
貧乏は苦にするな
水は絶やさぬようにしろ
怪我と災は恥と思へ
小商ものは値切るな
産前産後は大切にしろ
万事に気を配れ
病気は仰山にしろ
家内は笑うて為せ

朴訥な表現、無駄のない表現な中に、親父らしさがにじみ出てる感じですね。

「一言一言の内容を吟味する」より、「丸ごと受けとる」ことが大切かもしれません。

「 コンテンツ」より「コンテキスト」と言い換えればいいのかな?

コミュニケーションは「言い方」と「聴き方」で完成する・・・・by kuu

Tagged with:
 

逆説の10カ条

On 2009年8月19日, in 5.本, by hirotamaki

Nothing venture, nothing have & nothing is impossible…

これは私の好きなフレースです。プロフィールの表題に使ってるくらいですから(笑)

今回、ご紹介する本

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条

はマザーテレサのカルカッタにある「孤児の家」の壁に書いてあった言葉である「逆説の10か条」でも有名なのでご存知の方も多いかもしれない。

恥ずかしながら、 6番目の「最大の考えをもった最も大きな男女は、最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。」

この”最も小さな男女”が曖昧でした。本書を読んで、やっぱり間違いではなかったと勇気付けられました。最も小さな男女の意味は本書を読まれることをお薦めします。

多くの人にとって、仕事や人生上で出くわす課題に向き合う時、とても役に立つ10か条だと思います。

続きを読む »

Tagged with:
 

リーダー:LEADER

On 2009年8月9日, in 1.仕事・企画・戦略, by hirotamaki

clark.jpg
リーダーシップを発揮する・・・

ところで、リーダーとは?

色んな定義の仕方、またはリーダー像が皆さんにもあると思います。また共通項も多い事でしょう。。。

個人的には「変化を創る人」この表現が最もお気に入りです。。。

しかし、あまりにも漠然としているので、能力という観点から整理しておくと、どこかで、見つけた内容ですが、なかなか良くできているのでこの記事にあげておきましょう。( どこで見つけたのか記憶が定かではないので出典は不明:笑)

リーダー(LEADER)とは

Listen(聞く能力)

Explain(説明能力)

Assist(手助け能力)

Discuss(話し合う能力)

Evaluate(評価する能力)

Responsibility(責任能力)

Tagged with:
 

SN3J0026.jpg
日食を見るには曇天でよかったのかもしれない。。。裸眼でも三日月のような太陽が見れるのはありがたい。晴天ならとても無理だろう。ただし、全ての影が「三日月」の形になるのも見てみたかった(笑)

自然の「法」はとても精緻ででありながら何も無理を感じさせないのは脅威ですらある。

誰もが絶対に遵守しなければ生きていくことすら困難である。それに引き換え、人間が作った「法」はその時々の為政者達が都合の良い様に作り、解釈されているのでとても無理がある。更に言えば、法を犯す事は罪になり罰を受けると言う定め。。。これとてずる賢くすり抜けて知らん顔で生きている人達も多いことだろう、見つからなければOkと言うことか??

しかし、自然の法を犯せば、必ずしっぺ返しが来る。あえて「eco」な話題をする必要もないが、環境の破壊という「罪」は必ず将来に「罰」が用意されている。大気汚染、水質の悪化・・・今のままのマインド(資本主義的マインド?)で活動を続けていけば何世代か先には極悪な環境になってしまうだろう。最もその前に浄化されるかもしれない。もちろんこの浄化作用こそが自然の法を犯した罰ということになるだろう。おまけに近代社会が開発した技術、あるいはその技術によって作り出された作品群?はあっという間に駆逐され元に戻される。自然の前ではあまりにも無力だということを実感するのかもしれない。ただ実感する前に「我という意識」すらなくなっているのか?

人間にとっての「秩序」は、自然から観ると「無秩序」

自然の「秩序の方が優先される」のは当然だろうな・・・・

Tagged with:
 

温故知新-2 生命とは何か

On 2009年7月14日, in 5.本, by hirotamaki

seimei.jpg

前回に引き続き古典を一冊・・・

生命とは何か―物理的にみた生細胞 (岩波文庫)

理工系の人なら学生時代に読んだことがあるかもしれない本です。この歳になって読み返すと生きていると言う実感と生きるという根源を見つめることができる一冊と言えるかもしれません。物理とか化学とか多少かじってないと難解に感じる本かも?

ちなみに目次はこんな感じ(笑)

第1章 この問題に対して古典物理学者はどう近づくか?
第2章 遺伝のしくみ
第3章 突然変異
第4章 量子力学によりはじめて明らかにされること
第5章 デルブリュックの模型の検討と吟味
第6章 秩序、無秩序、エントロピー
第7章 生命は物理学の法則に支配されているか?
エピローグ 決定論と自由意思について

下記の本は意識の根源を問いかけてくる一冊かもしれません??

マインド・タイム 脳と意識の時間

関連記事

http://blog.livedoor.jp/ttl/archives/50364631.html

Tagged with:
 
40 / 45« new...51015...3839404142...45...old »