sazanka1024.jpg

景気が悪くなって、国の指導者達?が色々と考えているようだが、過去にも似たような局面で色々と施策が打ち出されてきた。もちろん「似た様な」というだけで同じではない。しかし「似たような施策」しかでてこないだろう・・・

「お金」あるいはそれ相当の価値があると人々が判断した結果が今日の社会を作ってきたのだから、何に価値があるのかを問い直さない限りはパラダイムは変わらない。

もしかしたら、大きな間違いを世界中で起こしているのでは?「価値があると思い込んでいる」だけで実際は勘違いだったなんてことはよくあることだ・・・過去のオランダのチューリップ、日本のゴルフ会員権・・・

有価証券を含めモノの値段は「お金」で表現される、価値があると判断すれば「一般的には高くなる」。しかしお金そのものが「有価証券」でその基準がどうも明確ではないのが「今の時代」なのかもしれない。

お金は便利な道具であって、それそのものに価値があるとすれば「使うことの便利さ」だけである。使わない道具は価値がないと考えられないだろうか?ちょいとわかりにくさがるのは「劣化しないと思われてる道具」だからだ・・・「劣化しそうになると価値が上がりそうな”何か”を買って保有する」・・将来に投資するというやつか?それほどまで「資産価値」を増やしたいのだろうか?単にコレクションとして趣味程度でよいのかもしれないのに・・・

道具は保有することで役に立つのではなく、使うことで役に立つのであるのだから・・・

タイトルの「気分が良いかどうか」は個人の価値観。「お金を使って遊ぶ」「お金を儲ける」・・・お金を中心にした気分の良し悪しは旧来ののパラダイムそのものなので「見直し」をした方が良いかもしれない ・・・

お金が価値を失ったとき、何を基準に生き、どのように行動するか?

また、学ぶべきモデルはどこにあるのか?一人ひとりがそろそろ準備しておいても良いかもしれない・・・

とまぁ、このあたりのテーマに深入りすると面倒なのでこの辺でやめておこう(笑)

写真は裏庭の「山茶花」、10月24日に咲いた。昨年より一週間ほど早い。http://www.bestmax.com/bmblog/2007/11/post_3.html

Tagged with:
 

そうくるか!!

On 2008年9月27日, in 1.仕事・企画・戦略, by hirotamaki


wario.JPG
これは大変面白い!!

なんというか、想像の外側から攻めてくる感じ
Smile

参りました!!

まずは左の画像をクリックしてyoutubeでご覧下さい。

この手法は見事だとおもいます。内容(商品)と「起きる現象」が実にマッチしてるし爽快感すら感じられるほどです。

もちろん、好みの問題があるので「驚くだけ」という人もいることでしょう・・・しかしこのセンスは個人的には座布団ものです。

Tagged with:
 

neko11.JPG
インターネットという便利なインフラを利用して様々な情報を手に入れたり楽しんだりできるのはPCのモニターにテキストだけではなく、画像や動画を一定のルールに基づき「表示」されているからに他ならない。

学生時代に初めて手にしたPCを表現することすら難しくなっている程の進歩!!(30年前だから当然か?)

ブラウザも15年ほど前からモザイク、ネスケ、IE、FF・・・( Macユーザーはsafariが多いか?)わずかな期間でものすごい変化だと思う。

”Google Chrome”今のうちから使いこなす方がいいのか?事業としてGoogle社を考察すると(といってもそれ程詳しくリサーチしているわけではない、開示されているデータを読むぐらいだがが・・・)Google社が今後「何をどのように展開するのか」興味が尽きない。ブラウザに限って言えばIEからの乗換えより、FFからの乗換えが多いと考えるのは妥当だろう。なんといってもデフォルトでIEを乗せてるのケースがほとんどだから、ユーザーは不便が無ければそのまま使うだろう。”不便そのものを感じる機会が無い”といってもよいほどだ。

長らくFFを使ってるとIEには戻れない!!しかしGoogle Chromeに乗り換えはたやすい気がする。こんな風に感じるのは私だけではないはずだ。チラッと覗く程度から本格的に利用するまでは2つのブラウザーを使って比較するようになるのか?複数マシンのうち一台は既にGoogle Chrome仕様だし(笑)

IT分野だけではなく、新しい商品やサービスが提供されてくると「何それ?」っと興味を持つ”癖”を何とかしないときりが無い。もちろん自分の職業には適切な癖ではあると思うが、「頭が忙しすぎる」・・・

せっかくの休日だし「頭をデフラグしよう」
Smile

Tagged with:
 

20年・・・

On 2008年9月8日, in 6.空のつぶやき?, by hirotamaki

20year.JPG
日々いろんなことが起きるのは今までもこれからも同じだろう・・・

20年という時間がどれほどの長さに感じるかは人によって違うのは当然だ、若い人にとってはこれからの人生が長いのかも知れない・・・年配の人には今までの人生の方が長いのかもしれない・・・

自分の経験以外は実感を伴わない幻のような出来事なのか?

http://www.afp.com/english/afp/?pid=events/20_years_coverage

AFP(フランスの通信社)がスライドでアッと今に20年を振りかえらせてくれる。世界的にみるとどうしても戦争の歴史に見える・・・それ以前もこれからもそうなのだろうか???

はるか遠くに思い巡らすこともできず、日々の生活の充実と穏やかなひと時を楽しむだけで過ぎ去っていく時間はそれほど悪くはない。適度な刺激とともに、ささやかな夢の実現を志す・・・・

いまいまといまといふとき いまぞなく
いまといふとき いまぞさりゆく

ついでに、もう一つ、こちらはスケールの大きさからこんなこと言ってる場合じゃないって感じですが・・・

Impact Simulation

こちらもチョット思い出した(笑)

http://blog-de-katari.seesaa.net/article/57645538.html

Tagged with:
 

便利さと豊かさと・・・

On 2008年8月30日, in 6.空のつぶやき?, by hirotamaki

fall.JPG
集中豪雨や毎日おきる雷雨は一体どうしてなのかな?

地球レベルで気候の変化が起きているのだろうか・・・

人間が便利さを追求し、より快適な生活を手に入れると何かが失われていくのかもしれないなぁ・・・

手に入るということは、すなわち「どこかから」奪ってくることだとしたら・・・

科学技術に立脚した?経済社会(資本主義)的「便利さ」は必ずしも「豊かさ」を提供するわけでではなく、単に不自然な状態を創造しているだけかも?

とは言うものの、今更「原始社会」のように自然の脅威にさらされながら「不便」な生活に誰も戻ることはできないだろう。

ほんの数十年前(私の子供の頃?)からみても、現在の社会はものすごく変化している、更に幾何級数的に変化のスピードが上がるとすれば一体どんな社会が出来上がるのかな?

楽しみでもあり、恐ろしくもある・・・

決してエコロジストでもなく、現在の便利な社会の恩恵を受けてる身としては、内面に沸き起こる不自然さと向き合うと、どうしても自然回帰の衝動が起きるのは仕方ないだろう・・・

豪雨の中を傘をさす事もなく、雨滴の刺激を全身に受けながら歓喜する、あるいは酷暑の中を汗だくになりながら意味なく歩き続け朦朧とする・・・・こんなアホなことをあえてやってしまう自分はやっぱりおかしいのか?

久々のエントリーにしてはチョット重い感じかな??

Tagged with:
 

いい夢 見よう・・・

On 2008年7月7日, in 4.格言, 6.空のつぶやき?, by hirotamaki

Stunning Wallpapers [from www.metacafe.com] #1.jpg

まさか明日空が落ちて気やしないだろう・・・

杞憂というのかな・・

最近の報道などを見聞きすると、どうも将来に対して不安を抱かせる(煽る)ような記事がおおいなぁ・・・

万が一の為に・・・確かに可能性はセロじゃないだろうが、やっぱり「万が一」だということにフォーカスしたほうが少なくとも積極的・肯定的に現状認識でき そうな気がする。

使い切れないほどお金をためて、なおかつ老後の心配をしている社会・・・

子供達の将来を考えてと言いながら、子供の主体性を育めない社会・・・

醜いまでの利権争い・・・

自然の環境を金で買うという愚行・・・

何かが違っているのかも?

将来に対して「不安」を見るのではなく「夢」を見続けたいものだ

Dream as if you’ll live forever. Live as if you’ll die today.

永遠に生きるがごとく夢を見ろ。 今日死んでしまうがごとく生きろ。

~James Dean~ .

Tagged with:
 

全米openでプレイオフの末優勝を果たしたタイガー・ウッズ 、多くのゴルフファンに感動を与えたこと事は記憶に新しい・・・その感動は彼の強靭な精神力なのか?

彼の生き方が多くの人を魅了してやまない。ゴルフ業界、あるいはスポーツ業界にとどまらず、ひとりの人物が社会に存在する意義はとてつもなく大きい。

男子ゴルフのタイガー・ウッズ(米国)が24日(日本時間25日)、米ユタ州の病院で、断裂している左ひざ前十字靱帯(じんたい)の修復手術を受けた。担当医は「結果に満足している。適切なリハビリとトレーニングを積めば、ウッズは今後も長く活躍できるだろう」とコメントした。

ウッズは4月にも左ひざ手術を受け、今月の全米オープンを制覇。その後、左ひざの治療に専念するため今季の残り試合をすべて欠場することを表明していた。

ウッズの左ひざ再手術成功 – ゴルフニュース : nikkansports.comより引用】

良い知らせで良かったと思う。

今、自分のできることを最大限に・・・・最高最大の生き方を!BESTMAX

どんな分野でも誰にでもできること、きっと後悔はしないだろう・・・

No matter how good you get you can always get better and that’s the exciting part.

Tiger Woods

どれだけあなたが上手くなっても、常に上手くなる余地はあり、それが面白いところなのです。

タイガー・ウッズ

こちらは2006年の全英open・・・http://blog-de-katari.seesaa.net/article/57645476.html

Tagged with:
 

連休に何をするかな・・

On 2008年4月25日, in 3.人生・問いかけ, by hirotamaki

GWは一般的に気候の穏やかさもあって、外出する人がおおい、行楽地は沢山の人で賑わうことだろう。高速道路も気が遠くなるほどの渋滞がおきる。

もし出かけないなら、仕事を離れてゆっくりと時間を過ごせる可能性がある。(休日仕事の人は無理か?仕事をしていない人はどうかな?主婦の方は休みは余計に大変かもしれない?)

もし、時間があるなら、瞑想することをお勧めする。静かに自分自身と向き合うだけでも良い。

私達は、意識的にあるいは無意識に自分自身の生き方を決めているはずだ、長い年月が経過するとチョットした決断が大きな変化をもたらした事もあるだろう。しかし、過去に戻ることができない、その時その時はベストな判断をし生きてきたと解釈したほうが良い気がする。しかし、GWや正月など、多少時間があるときに自己の確認をしておくほうが、もしかしたら、先々役に立つかもしれない。さもないと、自己喪失感で人生そのものを無駄に感じてしまう危険性がある。日々の業務で忙しい経営者や管理者はなおさらだ。

自分の内面をゆっくり眺めると、もしかしたら、

「こんな風に生きたいと思う自分」

に出会う可能性がある。いまだ実現していない「生き方」なのだろう・・・

その先に「でも、むりだな。。。」と諦めの気持ちが持ち上がることもあるだろう。しかし、「本当の自分?」を大切にすることは悪いことではなかろう。実現するかどうかは自分次第なのだから・・・

もちろん反社会的な生き方は論外として、「内側で発見できた生き方」が自分にとって最高のものであり、社会にとっても有益であるなら、そこに向かって「何かことを起こせばよい」だけだ。価値があると思うことを実現するのに何の躊躇が必要なのか?些細なことでも一つ一つ実現していくことで、「真に在りたい自分」だけが残されるだろう。人生は長いようで短いかもしれない?思い通りにい生きたいなら、「思った時」に「思った通り」に生きることを実践してみてはどうか?

幸い既に実現しているなら、「そのこと」に感謝することができるはずだ、もしまだなら、「そこ」に向かえる環境と己に感謝することができるだろう。

常に最良の人生を生きるために、常に最良の一日を過ごす必要がる。

「最良」は「最悪」と比較されるのではなく「良」と比較される、

「決して悪いわけではない」この微妙な違いの積み重ねが、重大な違いになってしまう。

Let’s enjoy our lives!

※写真はあまり注目されない春の「もみじ」。。。秋になれば誰もが「紅葉」を楽しむのだが・・・

こちらは昨年のもみじ

Tagged with: