challenge

困難に出会うと人は自分の限界を突破するしかない。「艱難汝を玉にす」と言われる部類かもしれない。しかし、個人的には苦労はするものではないと思っている(参考記事)。そして「くろうよりくふう」が大切である。

もしあなたが苦手なテーマに直面したら「嫌だな」と感じるだろう。あるいは「無理だなぁ・・」と考えるかも知れない。

その時こそ見方を変えて「自分の可能性を引きだしてくれるテーマ」だと捉える事をお勧めしたい。

私は経営コンサルタントとして経営者に次のような質問をする事がよくある。

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

可能性は合理の外側にある。

人は誰でも経験した事を「可能性」とは言わない。既に実現し体験しているのだから。

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

どれほど素晴らしいアイディアがあったとしても、何も生まれはしない。
現実を変化させることができるのは実践あるのみだ!!実践とは?

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

こちらの記事

Life is beautiful: 脱原子力宣言

脱原子力宣言

今回の原発災害についていろいろと調査・考察を積み重ねて行くうちに、一つのことが明らかになってきた。私自身を含めて、これまで大半の日本人(特に首都圏に住む人たちが)が、原発問題を「特定の地方の問題」として軽視して来たという不都合な真実である。

今回の原発災害の根底にある問題をきちんと見つめれば見つめるほど、これは決して他人事ではなく、電気を消費する立場にある日本人全員がもっと真剣に向き合わなければいけない重要な問題だという事が明らになる。そこで、私自身も含めた「今まで原発問題を他人事として軽視して来た人たち」に向けたメッセージを書いて見たので、ぜひともご一読いただきたい。「脱原子力宣言」当然、賛成される方も反対される方もあるとは思うし、私が見逃している点もあると思うので、活発な議論をお願いした。ただし、コメントはこのエントリーにではなく、リンク先のFacebook Noteに直接お願いする(Facebookへの登録が必要)。

を受けて、facebookにもコメントを残しました。(facebook登録されてる方はぜひご覧ください)

ポイントは

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

余震も続き、被災者の救出も継続的に行われています。また、原発の問題も解決していません。しかし、必ずや復旧、復興することでしょう。同時に、今回の震災から多く人が、それぞれの立場で「何か」を学んだに違いありません。ww2から奇跡的な経済成長を遂げてきた私達は、今回の出来事を「大きくパラダイムシフトを起こせる機会として活かす」必要があると思われます。災害で瓦礫の山とかしてしまった地域を元通りにするのではなく、全く新しい「取り組みを実施する地域として蘇生させる」ことを真剣に考えても良いのではないかと・・・
本記事は「素人の妄想(目次編)」として書いておきます。

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密

五つの秘密

  1. 自分の心に忠実であれ
  2. 思い残すことのないように生きよ
  3. 愛になれ
  4. いまを生きよ
  5. 得るより与えよ

こうして列記すると、一度ぐらいはどこかで聞いたり、読んだりしたことがある言葉ですよね?当然といえば当然、しかし、これを実践するのは意外と困難では?

amazon、商品の説明には以下の事が書かれています。

賢人たちの発言の一部を紹介します。

  • 「自己実現と好奇心と探求に情熱的に取り組むことだ」 ウィリアム 64歳
  • 「人の顔色をうかがうな」 ドン 78歳
  • 「あわてて幕を引くな。アンコールか第四幕がつきものだから」 ジョシ 79歳
  • 「自分の心に従い、こうありたいと願う人間になりなさい」 ボブ 59歳
  • 「お金を目標にしてはだめ。節約し、楽しめる仕事を選びなさい」 メイ 72歳
  • 「つねに、することを五つ以上、見つけなさい」 ルーシー 101歳
  • 「自分や人を深く尊敬しなさい。人を傷つけてはならない」 ジュリアン 76歳

(235人の賢人が教えてくれる幸福な人生を送るための5つの智恵)

内容を全部紹介する事は出来ないですが、

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

この記事は前記事の続きです。前回はFC本部の体制について大雑把に纏めてあります(資料参照)。

今回はFCに加盟する。即ち「フランチャイジーとして事業をはじめましょう!」というテーマです。

FCモデルは、単独で事業を起こすより、実はリスクはかなり低いです。以前のデータでは1/10程度まで廃業率が落ちます(10年ほど前のデータ。ソースは失念)。つまり10倍「上手く行く」のです。

しかし、コレにはいくつか条件があります。フランチャイザー(FC本部)の体制がしっかりしていないと話になりません。

例えばあなたが未経験で、24時間営業のCVS(コンビニ)とか飲食店を始めるとしましょう。おそらく、商売の経験が無ければ何から手をつけて良いのかわからないはずです。立地、建物、店内レイアウト、MD、会計、接客、業者設定、取引条件、受発注、在庫管理、広告、・・・・経営するには無限とも思えるテーマが存在します。これら全てを「あなたの代わりに整えてくれて」経営指導までしてくれるのが本部です。どちらが心強いですか?答えはわかりきっています。

FCザーはFCジーに対して「独立開業・経営支援」を行うのが本務です。FCジーは加盟金や開業資金、あるいはロイヤリティーを支払う必要はありますが、それなりに収益が上がる仕組みを手に入れるのです。たとえFCジーに参加しようとするのがズブの素人でもです(ココ重要)。

しかし、当てが外れては虎の子の資金をドブに捨てるようなものです。FC本部選びは慎重になってしかるべきでしょう。

では、どこをチェックすれば良いのか?最低限の7つを書いておきます。

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

週末エントリーという事で軽くupしておきます。ネタバレはありませんw。ちなみに観客は30歳前後の人が多かったです。多分、私が最年長で少し浮いてる気がしましたw。すいてました。時間帯や、地域などによっても違いがあると思いますが、概ね想像できる範囲だと思います。

映画は学生の頃、自主制作し、バイトを代全部つぎ込んでいたぐらい好きです。ソーシャルネットワークはご存知のFacebookを取り上げています。だからFacebook って何?って方は見ないでしょう。先に感想を書いておきますと「チョット物足りないかな?」です。しかし、これから事業を起こそうと思う人にはお薦めです。何しろ今や6億人のメンバーを抱える巨大なSNSのスタートを紹介してるのですから(映画では5億人となってました)

どんな映画もそうですが、見てる人の体験によって見方や印象が全く変わります。SF・ファンタジー・時代劇・ホラー・戦争映画等は想像・空想・妄想だけで見れます。もちろん感情移入も出来ます。この映画はリアルタイムに実存する会社、「ビジネス」を扱っているので、その意味では現実と比較して「観てしまいます」(結果的そうなってしまう)

体験として

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with: