challenge

チョット否定的な感じで気になる記事があったので書いておきます。

東大ブランドは世界には通用しない:日経ビジネスオンライン

日本ではダントツのブランドを誇る東京大学。国内では就活における認知度をはじめとするあらゆる分野で圧倒的な勝ち組だ。しかし、世界は広い。グローバル化が進展し、同時に日本の地盤沈下が続く中、日本の頂点にあるからといって、今後の成功は安易には約束されない。

まぁ、学者というか役人っぽい記事ですね。日経ビジネスオンラインですから、読者も「そういう人」が多いのかも知れません。

で、この記事を目にしたときに「?」と思ったので、とりあえず、備忘録としてtumblrにコメント付きで私が記したのが以下です。

kuuの気まぐれ, 日本ではダントツのブランドを誇る東京大学。国内では就活における認知度をはじめとするあらゆる分野で圧倒的…

大学のブランド引っ張り出して「成功」を語る日本的な記事だと思う。

そもそもこの記事は誰に向けて書いて言るんだ? 受験対象の若い人だとしたら、「東大合格楽勝」の人、だとしたらほとんど殆どの人は対象外。 現役の大学生だとしてもほとんど対象外。

更に言えば、どの分野で成功するのか知らないけど、世界中の(あるいは歴史上の)成功者の学歴を調べてみるといい。 昔、なんかの本で読んだが(タイトルは失念:だから不確かなことは認めるw)100億円以上の資産家と言われる人の60%はろくに字も書けないらしい、要は学歴は関係ないのではないかなぁ?

日本の「学歴社会」と言われるお馬鹿な思考がこんな記事に現れるのではないか?

ビジネスマンとしての成功なら断言できる。学歴は関係ない。 要は「実力」なんです。世界で通用する実力があればなんとでもなる。 飲食の巨大チェーン、アパレルの巨大チェーン、その他何でもいいけど「学歴が関係するビジネス」なんてある筈ない。 更にアートとかスポーツの分野、あるいは社会貢献とかボランティアの分野なんて「学歴」とかいってるやつは居ないでしょう?

「学歴が関係するのは」学者の世界ぐらいじゃないか? それと日本の大企業と、官僚の分野ねw ココは学歴は関係するみたいだ! あっ!そうかこのお馬鹿な日経の記事はこういう分野に進む人向けに書かれているのか!


続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

書店で平積みされていたので何気に買ってしまいました。こちらで紹介されている「その道の最高齢者達」の生き方は興味深いです。本誌には各自のエピソードなども交え仕事観がよく表現されています。共通点は「年寄り」です(笑)

最高齢プロフェッショナルの教え

まずは高齢者たちの一言を列記しておきます。

やなせたかし(91 漫画家)

  • 運と巡りあうためには、何でも引き受けることが大事なんです。
  • 人間何をするにも面白くて楽しいほうがいいじゃない。

高橋淳(88 パイロット)

  • 出撃前に「危なそうだ」なんて言うやつは生還できない。
  • せっかく生まれてきたんだから僕は死ぬまで進歩したい。

矢入一男(78 ギター職人)

  • 人の役になんて、立たんでもええやん。今面白いというのが先だ。
  • 苦労なんて無かったね。好きでやってることだから。べっぴんの女を引っかけたいと思うのと一緒だよ。

関口一郎(96 喫茶店店主)

  • 仕事に飽きたことはないねえ。次から次へと改善したいことが出てきて、96歳になっても時間が足りないよ。
  • 生きるか死ぬかの瀬戸際まで自分を追い込む。そうしないと自分の実力なんて見えてこないものなんだよ。

桂米丸(85 落語家)

  • 素晴らしい人と巡り会えたことに感謝!そして、その人の真似をすることです。
  • 落ち込んだら外へ出て、陽を浴びるといい。植物だって、それで元気になるんですから。

本間錦一(83 ライフセーバー)

  • 現場に役に立つのは実力と実績。資格なんて関係ない。
  • あきらめちゃあ、ダメだよ。自分を信じてまっすぐ進むとよいい。

高橋巖夫(93 スキーヤー)

  • 人間死ぬまで挑戦です。失敗したら、なんて考えるだけで無駄。
  • 僕はいつも目一杯動いている。だから楽しい。アイディアも湧いてくる。

室井摩耶子(89 ピアニスト)

  • 本物を知りたいと思ったら、心の葛藤や衝動に素直になったほうがいい。
  • 真剣に向き合うたびに色んな発見がある。だから面白くてやめられない。

小口昭三(82 花火職人)

  • 立派な学校で習ったことでもすぐに世の中で使えるわけじゃない。
  • 早く成長したければ苦しい仕事に自ら向かっていくしかない。

継枝邑一(84 杜氏)

  • つらくて辞めたくなったら「あと、2日だけやろう」と考えればいい。
  • 限界ギリギリまで挑戦する。その時に必要なのが初心なんです。

安藤延夫(90 DJ)

  • 好きな仕事がなかったら、自分でつくればいい。
  • 心をこめて仕事をすれば必ず成功する。世の中、捨てたもんじゃない。

山崎達郎(90 バーテンダー)

  • サービス精神が旺盛な人は、どこの世界でも成功する。
  • 「きっと、よくなる」そう思って、目の前のことに取り組んでいれば、必ずいい方向に向います。

安藤光彰(51 JRA騎手)

  • 偉大な選手は「独りでいられる強さ」を持っている。
  • 休むことがあっても、また、走りだせばそれでいい。ずっと走り続ける人間なんていないんだから。

斉藤光雄(83 洋樽職人)

  • 仕事はな波があって当たり前。いい時もあれば、悪い時もある。
  • 一度思い込みを捨ててごらん。違う道が開けるから。

嘉納愛子(103 声楽家)

  • 楽しいことなんて、ぼんやり口を開けていても、誰も持ってきてはくれませんよ。
  • 103年生きて思うのは「人生は公平だ」ということ。苦労したら、同じだけ恵みがあるんです。

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

明けましておめでとうございます。昨年に引き続きどうか本年もよろしくお願いします。

昨年、個人的には仕事も趣味(ゴルフ)も停滞気味というか「学習」の年だったと感じています。社会人として30年近く突っ走てきて少し踊り場が必要な時期だったのかも知れません。お陰さまで、体調はますます良好!気力も充実しています。今年はまた、突っ走るつもりです。次の踊り場はもう用意されていないでしょう。世界を引っ張るつもりで生きてみようかと!!(チョット大げさかw)

正月なので景気回復について、少しぶっ飛んだエントリーを書いておきます。

景気はシュリンクしてる様でどうもパッとしないニュースが多いですが、「そういう風に報道」しておくほうが無難なだけです(景気が良くなれば誰も文句は言わないし、悪いままなら「予想は当たった」と言えるので無難なのです)。

しかし、財布の紐は「将来の明るい展望があれば緩む」ものです。大勢がほんの少し「緩める」だけで景気は良くなるでしょう。大手メディアが「馬鹿みたいに先々がとても明るい!心配ない!」と連呼して、アドホックなデータで、なんとなく理屈をつけておけば間違いなく盛り上がる気がします。

情報操作をして、世論を誘導し、くだらん芸能ニュースや、おちゃらけ政治批判とかしてないで「がんがん景気を煽って牽引」すれば良いのにと思います。まっ、組織が大きくて古ぼけた頭じゃ無理だとは思いますけどね。

本当は、先のことなんか誰も分からないし、過去の推移からの想定やどこかの国もモデルをケーススタディしても、多分その人達の自己満足です。だって、今日のこの状態を計画してきたと言い切れる人が何処にいるのでしょう? 誰も「こんな風になる」とは思っていなかったのではないでしょうか?更に、闇の権力とかくだらん事を言い出したらキリがないし、もしおかしな権力が有るなら、結局何やってもだめですからね(爆)将来予測が無用だと言ってる訳ではありませんよ!とても重要だと思います。そして必須です。

(注)私は学者じゃないので学術的に書いても説得力がないし、経済や金融の専門家と称する方々の記事でも読んで、なんとなく考察してくださいね。

では、一人ひとりはどう生きれば良いのか?を少し書いておきましょう。

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

おもてなし < 先代女将の自伝 | 加賀屋 公式ホームページ 石川県 能登半島 和倉温泉

来ていただいたお客様には、必ず満足していただき、また来ていただく…。これがいつも変らぬ信念でした。頭を下げる時も目の前にいるお客様を通して、見えないお客様にも挨拶しているつもりでいました。加賀屋でいい一日を過ごしたお客様が、きっとお友達やお仲間に紹介してくださり、その人たちもいつか来てくださると願っていました。

ずいぶん以前に顧客満足経営というテーマが流行りました、顧客満足度調査など、今なら店頭でお手軽なデバイスと軽快なインフラを使えばリアルタイムで調査・測定が可能だと思いますが、当時は店頭でアンケート用紙を配布し、回収・集計をして経営施策に反映させるまで早くても一ヶ月はかかったと記憶しています。ちなみに「CSサーベイ」として沢山の企業さんからご依頼を頂いた数少ないヒットテーマでしたw。

上記加賀屋さんの引用文の強調部分の一言に尽きると思われますが、長年に渡り実践するのは小手先の施策では不可能です。どのような事業であれ「お客様」がいます、少なくともお客様が支払う対価に見合うだけの価値提供をしなければならないでしょう。

お客様の期待値≦自社が提供する価値

これを恒常的に実践するには「自社の文化」として定着するまで膨大な時間が必要です。伝統がある、格式が高いとかレベルの話ではなく、ごくごく普通のお店で実践される必要があります。毎日毎日、些細なことを徹底する「凡事徹底」こそ顧客満足経営の基本的動作といえます。

しかし、近年、「えっ???」という接客のお店が多くなった気がします、外国人のアルバイト店員だから仕方ないとか、若い子は皆そうだとか言ってるならあまりにもお粗末です。安い居酒屋で丁重なおもてなしを期待しているのではありませんが、それでも最低限の「お客様扱い」を期待します。

実際、社会環境が変化し、モノを買うのもコンビニ(まだ店員がいるからまし)、自販機、オンライン・・と昔のような「買物時のコミュニケーション」も無く、お手軽業態が普及したためか、『”お客の立場で充分に接客されてない人”が、接客する』仕事をしているからかもしれません。いずれにせよ、まともに経営をするなら「ろくでもない広告宣伝に金をつぎ込むより、従業員教育を徹底」した方が長い目でみればはるかに効果的だと感じます。

買物するなら「あの人から買いたい」

飯を食うなら「あの店で食べたい」

友人が薦めるののだから「いい店に違いない」

・・・

こんな風に噂されれば「最強の広告」になっていることでしょう。

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

山登りや、マラソンはよく人生のたとえ話の話題として、あるいは「生き方」とオーバーラップさせた話題となります。今回は山登りを題材に取り上げてみます。

「山頂に到達することを目的として山登りをする」と仮定しましょう。事業には実際の地図にあるような、予め決められた山頂がありません。従って「当面の山頂」を自ら決定しておかなければなりません。その山頂までの道のりが険しければ険しい程、参入障壁が高いともいえます。事業ドメインを確定する。事業規模や自社の商品・サービスの特性を考え、適切なマーケットに適時対応する。といった、戦略が必要になります。事業目的、事業目標、ヴィジョンなどの言葉に集約されます。「当面の山頂」がこのように設定された後、ひたすら山頂を目指して登り続ければよいでしょう。また独りで登山するよりもスタッフと同行することでより安全に早く高い山に登ることが可能かもしれません。戦術レベルのテーマは諸処あるでしょう。

ここで、経営者にとって、「常に山頂を見続ける事」が最も重要な業務だと考えます。もちろんスタッフに配慮が必要です。権限委譲された管理者は登山する際、後ろを向きながら登っているときもあるでしょう。経営者を信頼し、その姿を後ろ向きで捉え、部下であるスタッフに方向をしめす必要があるからです。しかし、経営者は絶対に前方を、山頂を見続ける必要があります。何も先頭に立つばかりではなく、時には最後尾から山頂を見ても良いでしょう。しかし、山頂を見失ってはいけません。

「人間はモグラの丘につまずくことはあっても、山にはつまずかない。」(孔子)

この表現にあるように、一歩一歩確実に注意深く進めることが次のテーマです。実際の登山ならば小石につまずくだけで命取りになる危険性があります(実際に危険を伴う仕事も多数あります)。身体に危険が及ぶ場合人は自ら注意深くなりますが、たとえば事務仕事で、接客で、企画業務で、・・・といった仕事には命を落とすことは稀です。だからこそ、より細心の注意深さをもって業務推進する必要があると考えます。理由は無事に山頂に到達するためには誰一人として不可欠な存在だからです。経営者は全責任を引き受ける覚悟が無ければ危険な登山に出向くべきではありません。そこらの丘でピクニックでもしてる方が安全です。

あなたが経営者なら「当面の山頂」をどの様に設定するでしょう?ピクニックにしろ険しい山登りにしろ目指すべきゴールとして山頂を見失ってはいけません。あなたが山頂にスタッフと共に立ったとき、眼下には雲海が見えるかもしれません。大いなる達成感を味わいながら、「次なる当面の山頂」を見つけることでしょう。

Going Concern(ゴーイングコンサーン)その意味において、山頂はあなた自身が作り上げるのです。どうせなら誰もが登りたいような、そして誰もが登れない様な「山頂」を想定し、決して見失うことなく、確実に登頂しましょう!!

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

サッカーのW杯で寝不足の方も多いと思われる今日この頃、昨日の試合はサーッカーファンならずとも興奮し、感動し、感謝できた時間だったと思います。素晴らしい時間でした。

明日からは7月、2010年も後半戦ですね?戦うわけではないので後半と言うだけか充分かもしれませんw。

個人的には、今日のこの日を健康で過ごせることに大いに感謝しながら、後半に向けて仕事も遊びも存分に楽しもうとしています。とはいっても、半年間に積み残してきた?事項も少しはあります。「完了して次に進めるように体制を整えよう」と言うのが正直なところです。仕事上では思わぬところからのツッツキで「没になった話」もあれば、逆に「芽が出てきた話」もあり、何気に楽しめる雰囲気ができつつあるのはありがたいことだと感謝しています。一般的に決算の関係で上半期と言えば9月末かもしれません、第一四半期なら6月末いずれにせよ、チョット立ち止まって振りかえる瞬間があっても良いかと思います。特に経営者は身体はとにかく「頭の中が忙しい」のではないでしょうか?できれば1人で静かに過ごす事をお薦めします。

仕事柄、経営者と話をする事がほとんどなので、政治のこと経済のこと、経営のことなど、もっぱらお堅い感じの話が多くなります。不景気感は否めないにしても、「なんとか事業を発展させようとしてる方」もいれば「評論家のように愚痴や批判めいたことばかり言ってる方もいます」好みとしては前者の方ですが、愚痴や批判の中にも「経営のヒント」が沢山ちりばめられているので全ての話がとても役に立ちます。(もちろん愚痴を聞くのはが好きではありませんw)

自らを省みるにあたり、後半に向けて少し立ち止まり、感度良く社会に反応できる経営コンサルタントとして、またビジネスマンとして完成度を高めようと決意しています。


  • あなたと居ると元気になる!
  • あなたと居ると夢が膨らむ!
  • あなたと居ると楽しい!
  • あなたと居ると安心する!
  • あなたと居ると勇気が沸いてくる!
  • あなたに会えて良かった!
  • ・・・・

こんな人で在れたら良いなぁ・・・気楽に、気長に、しかし確実に。

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

お休みっぽいエントリーです(w)おまけに反体制的か?

とりあえず下記のツブヤキを御覧下さい。


浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。─バートランド・ラッセル(英 数学者)

浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。(天下のプー太郎)

・・・同じ言葉でも違いがある。「背景の主張」とはこういう事です。Fri Feb 19 07:47:02 via Power Twitter

アスリートの条件に「強い」だけではなく「爽やかさ」とか「品格」とかを要求されてる。良識とか常識という「背景」が主張し、本来の「前景」が小さく扱われるのは仕方ないのか?Fri Feb 19 07:39:03 via Power Twitter

オリンピックで国母選手の服装について色々騒がしい。(服装に関してコメントするつもりはないです。というよりそんなことはどうでもいいです。)

しかし、川口「引退してもそばに」/フィギュア – バンクーバー五輪 フィギュア : nikkansports.com

五輪出場のため国籍を変更し、ロシア代表となったフィギュアスケート・ペアの川口悠子(28)

のように、今や、「国」の代表というより「個人」の意向で参加してる人達も多いのではないかな?まぁ、歴史ある国際的大イベントですから何かと事情もあるでしょう。またお金もかかるし、ここまで作り上げてきた(貢献してきた)方々に対する敬意や感謝も大切かと思います。

個人的に、好きなゴルフ業界ではスーパースター”タイガー・ウッズ”の扱いもおかしいと思う。

同時に横綱”朝青龍”の扱いも・・・

若い人達(特にトップアスリートや才能豊かなタレント)に対して、「彼/彼女達の才能を純粋に見極めるだけではなく、常識とか良識とセットでオジサン達がごちゃごちゃいう」のはどうかな?この場合、若い人達にとっては当然「古い常識」であって、もしかしたら堅苦しいかも知れないし、価値観が合わないのでは?

だいたい、子どもの頃「得意科目が主要5科目」以外、つまり体育、音楽、美術みたいな分野を得意とする友達は主要5科目じゃないから、「勉強のできない奴だけど面白い、とか凄い」と評価される。そしてその才能を開花させ、一流のアスリートとして、あるいは役者、ミュージシャンという「個人で勝負」してる人達でしょう。もちろん中には生徒会長やったり文武両道の人もいるとは思いますが・・・

このような若い才能を「受け入れる器としてしての社会」であって欲しい、また同時に「若い人達には大いに自分の才能を開花させ新しい常識を作って欲しい」もしこれができないなら、ツマラン奴しかいない(品行方正で生真面目な人達?)規格化されたツマラン社会になってしまう。

私個人としては「自分の信念を貫いて、ツッパって生きる人達を応援したい」それがたとえ大多数の大人が苦言を呈していようとも・・・

ただし、覚悟は必要です。開花できないと、貧乏かも知れないし、誰からも相手にされないかも知れないです(私のように:爆)

それでも「自分に正直に生きてきた経験が手に入ります」(経験者談)

こちらも参考になるかな?「大人って」

古いですが、こちらも参考にして下さい

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

すべての仕事には必ず価値があります。たとえそれが少々怪しげなサービスを提供していようとも「対価を支払うユーザー」が存在するからには価値があると云えます。

しかし、必ずしも「社会性がある」とは限らないのです。大人の言葉では「必要悪」という都合の良い言葉まであるのですから(w)政治の世界では今とてもホットな話題が盛り上がっています(私のtwitterのTLを見てもらえば偏りがわかります)。私はどちらかと言えば「大勢」というのが好きではないので、ついつい「権力」には憤りを感じます。まぁだからこそサラリーマンには馴染めず、「独りよがりな職人仕事」を選んだのかも知れません・・・話がそれましたが、資本主義経済社会に生きる身として「お金」は大切であるということを否定はしませんが、右を見ても左を見ても「カネ、カネ、カネ・・」となんだか荒んでいるように感じます。この記事において「豊かさ」とか抽象的な話題を書くつもりではないのでこの程度にしておきます(といっても、このブロブを読んで頂いてる読者なら、なんとなくわかってもらえるかも知れません?)。本題に戻しますと、「良い」企業の存在価値として必須要素は

  • 「価値があること」
  • 「社会性があること」
  • 「喜びや夢を提供出来ること」

少なくとも、この3要素が揃わなければいくら「高収益企業」であろうとも「良い会社」とは言えないかもしれません?(少なくとも私はコンサルティングを引き受けません)もちろんその他にも「独創性や革新性」といった要素もあるでしょう、更には国際性なども必要かも知れません。しかし提示した3要素は不可欠でしょう。過去にこちらの記事で紹介した企業も良い会社の一つだと思います。

「価値がある」とは即ち「対価を支払ってもらえること」これは企業としての評価基準の根本なのかも知れません。これは説明の必要ないですね。

「社会性がある」とは、友人や知人にどんな仕事?って聞かれたときに「堂々と表現出来る」あるいは子どもに聞かれたときに「正直に教えることができる」仕事と言えばわかりやすいかも知れません。つまり「後ろめたくない」仕事でしょう。極端な例を上げておきましょう。例えば武器を製造しているとしたらどうでしょう。たぶん価値があります。しかし「堂々と」、あるいは「正直に」表現出来るでしょうか?または「法律を遵守しないヤバイ仕事」、たぶん儲かります(w)、いかがですか?堂々と表現したら馬鹿でしょう(爆)

では「喜びや夢を提供出来ること」はどうでしょう?この要素がもっとも難しいのかも知れません?先ず誰に?従業員に対して?お客様に対して?地域社会に対して?と対象の広がりがあります。先のヤバイ仕事もそこに関係する人にとっては「喜びや夢」が提供されているのかも知れませんからね?・・・

ここで、少々感動的な会社?の記事をご欄下さい。

「アホか」と言われたイベントに家族が涙する理由 一度訪れるとファンになってしまう洋菓子店 JBpress(日本ビジネスプレス)

・・・・とても商売に向いているとは言えない環境にありながら、連日多くの客でにぎわい、売り上げを伸ばしている繁盛店がある。長野県伊那市にある「菓匠Shimizu」という洋菓子店がそれだ。・・・・

いかがですか?観念的に記述するよりご理解いただけたと確信します。このお店の経営を支えているエネルギーは一体何でしょう。一言で表現すれば「使命感」と言えるかも知れません。

ただひたすら「与え続ける」

感動的です。オーナーの清水さんの生き様でしょう!!そして、この5年間で売上も3倍以上になっているのは「正しさ」の証かもしれません。もし皆様の会社が充分に売上が上がっていないなら、この3番目のテーマに「フォーカスして研ぎ澄ます」事をお勧めします。

{lang: 'ja'}
Tagged with: