はやりの断捨離?

何もかも捨てて、捨てたことすら捨てる!

何もかも忘れて、忘れたことすら忘れる!

こんな感じで生きれたら素敵ですね。過去に執着してるとろくなことはない、誰かの過去の武勇伝とか聞くのはうんざりすることもある。一回ぐらないな面白おかしく聞けますけどね(笑)

続きを読む »

Tagged with:
 

自覚があるとかないとか…

On 2017年9月14日, in 6.空のつぶやき?, by hirotamaki

蚊に刺されていた時は気が付かない。後になって「刺された事に気が付く」だから、蚊に刺されないように気を付ける(防御する)、結構当たり前です。蚊に刺されると痒くなる(不快)のだから。この例えが適切かどうかわからないですけど(^^;)最近少し気付いたことがある。

続きを読む »

Tagged with:
 

理不尽な要求にたいして、我慢したり耐えることは「稀に」役立つことがあったとしても「ほとんど報われない」と切り捨ててしまうことです。理由は「物事の筋道が通らない→理不尽」だからです(笑)

続きを読む »

Tagged with:
 

現状を守るのに必死になっていると、本当に手にしたい状態を失ってしまう。これなんとなく頭ではわかると思いますが、実感がわかないので「感じ取れない」ですね。

続きを読む »

Tagged with:
 

印象深い出来事、印象深い体験、思い出る記憶は本当に限られている。「初めての経験」はその意味では印象に残って当然である。初めて食するもの、初めて行く場所、初めて観る・・・、きっと思い出せるに違いない。その記憶が心地よいかどうかは残念ながら問うことができない。その時の体験が刻まれているのだから…。しかし「記憶に残らない些細な事」のほうが圧倒的に多いのが人生。

続きを読む »

Tagged with:
 

悩んだり、行き詰まることは人生でよくあることです。堂々巡りをして有効な解決策も思いつくことなく気分は悪くなる一方…。主体的に活動すれば全く違う「現実」を体験するはずですが、それすらも気力がわかない。なんて時に試してみると効果的なのは「頭の中でぐちゃぐちゃになってる悩み事」を紙に書き出すことです。あのカーネギーも命拾いしたのですから!

続きを読む »

Tagged with:
 

よく言われる習慣の定着期間です。長い人生のたったの3カ月「良き習慣」を身につけたいものです。ではいったい良き習慣と悪しき習慣の違いはどこにあるのか?結論から言えば、悪しき習慣は「なまけものになる(ラクをする)」のです。ぐうたらに生きていれば顔つきも体型もたぶん「ぐうたら感満載」になると思われます。思考そのものが「ぐうたら」に支配されてしまう事でしょう。

続きを読む »

Tagged with:
 

人はどう評価されるのか、「ずるい」「ひどい」「うらやましい」「すばらしい」「すごい」…

一定以上の成果を上げた時、その人物や組織は周囲から評価されます。そしてその評価のされ方に微妙な違いがあります。

続きを読む »

Tagged with:
 
1 / 812345...old »