life

知・情・意

On 2011年7月4日, in 3.人生・問いかけ, by kuu

先達の偉人たちに語りつくされてますが、少々思うところがあって考えてみました。参考までにUPしておきます。

知:知識とか知性などに相当する領域

情:感情とか人情などに相当する領域

意:意志とか意図などに相当する領域

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

私達の「自由感」はどの様に発生するのでしょうか?

by kuu

制限が何も無かったら我々は「自由」を感じないだろう。

不自由さという制限そのものが自由を生み出す根源である事に気づいておかねばならない。

自由とはまことに厄介なしろものである。

とtumbleで

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

生き方のモデルとして「一貫性を生きる」のは時に大いなる困難を伴います。歴史上の人物では、マザー・テレサ、マハトマ・ガンジー、キング牧師、ナイチンゲール、シュバイツアー・・・・と極めて「激しい一貫性を生き抜いた人達」がいます。

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

この度の震災で「絆」がとても大切だということを再認識した方も多いと思います。

地震前日に書いた記事(の一部)

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

こちらの記事

Life is beautiful: 脱原子力宣言

脱原子力宣言

今回の原発災害についていろいろと調査・考察を積み重ねて行くうちに、一つのことが明らかになってきた。私自身を含めて、これまで大半の日本人(特に首都圏に住む人たちが)が、原発問題を「特定の地方の問題」として軽視して来たという不都合な真実である。

今回の原発災害の根底にある問題をきちんと見つめれば見つめるほど、これは決して他人事ではなく、電気を消費する立場にある日本人全員がもっと真剣に向き合わなければいけない重要な問題だという事が明らになる。そこで、私自身も含めた「今まで原発問題を他人事として軽視して来た人たち」に向けたメッセージを書いて見たので、ぜひともご一読いただきたい。「脱原子力宣言」当然、賛成される方も反対される方もあるとは思うし、私が見逃している点もあると思うので、活発な議論をお願いした。ただし、コメントはこのエントリーにではなく、リンク先のFacebook Noteに直接お願いする(Facebookへの登録が必要)。

を受けて、facebookにもコメントを残しました。(facebook登録されてる方はぜひご覧ください)

ポイントは

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

この出来事を自分の内側で風化させないために・・・

自分の限界を超えた時に沸き起こる感覚が「祈る」という行為に繋がるのだと思う

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

「成果をあげる」こと。誰にとっても、何をするにあたっても「自分の意図する成果」が手に入るのは好ましい事です。

成果を上げるためには、性格、強み、弱み、価値観、信条はいかようであってもよい。なされるべきことをなすだけで良い。成果をあげることは習慣である。従って、他の習慣と同じように身につけることのできるものである。そして身につけなければならないものである。(P・F・ドラッカー:経営者の条件)

特に経営者に限らず、誰にとっても必要でしょう。習慣化すると役に立つかも知れないポイントを整理してみました。

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with:
 

前エントリーと正反対の記事ですw 人間はシステム化できないですからね。もしできたらロボットになってしまいます。チャップリンのモダンタイムスのワンシーンの様に・・・さて、

ブルース・リー – Wikipedia

映画の冒頭、リーが少年を相手に「Don’t Think. Feel!(考えるな、感じろ!)」と語る台詞はあまりにも有名だが、この部分はリーが香港公開用に自ら監督をして勝手に撮影したもので、当初の脚本にはなかった。撮り終わったフィルムを見たクローズが、アメリカ公開版にも採用した。

このセリフはあまりにも有名です。説明も不要でしょう。

私たちは「見たいように見て、聞きたいように聞いています」それも見える範囲・聞こえる範囲で。固定観念とか社会通念とか常識とか表現されるのかも知れません。だからこそ、この前提「見たいように見、聞きたいように・・・」はあまり意識することがありません。脳内補正してるわけです。「自分にとって」合理的な判断・評価をします。この事自体が悪いことではありません。というよりむしろ必要不可欠な活動だろうと思います。ちなみに目の錯覚とかの話ではありません。あくまでも「思い込み」がテーマです。

続きを読む »

{lang: 'ja'}
Tagged with: