Feedbackっていうのかな?

On 2017年11月2日, in 1.仕事・企画・戦略, by hirotamaki

何かすると上手くいったり上手くいかなかったり、時々に応じて結果に違いがあります。全く同じ状況(条件)ではないにしても振り返りをすると次に活かせます。現場では常にFeedbackがありますからね!

で振り返りの仕方が下手な人が多いのではないかと…

続きを読む »

Tagged with:
 

先延ばしにする。先送りする。後回しにする。

明確な優先順位に基づいて意思決定しているなら何も問題ではありません、というより仕事をするならそれは至極当然のことです。

続きを読む »

Tagged with:
 

「自分はできる」と思う人が実行して成果を創る。「自分はできない」と思う人は実行せず成果を創らない。当たり前すぎる極論(笑)

続きを読む »

Tagged with:
 

タイトルは経営者やコンサルタントなら当たり前すぎる事柄です。問題発見能力と問題解決能力は一対になっているので、「問題視」した人が「問題解決」をするのは当然ですが、実はここにかなりの偏りがあるので要注意です。

全体を俯瞰できる能力のある人しか真の問題は発見できない。真の問題とは、発展成長にの向けて「解決しなければならない課題」と定義しておきましょう。

続きを読む »

Tagged with:
 

納期のない仕事はない。どんな仕事も必ず納期(期限)があります。最短で最高の仕事を最安値で提供できれば理想です。理想に近づくためにあれこれ工夫するのが経営努力というのでしょか?もちろん精神論でかたずける話ではなく「継続性」が要求されています。「今回だけ特別」は仕事になりません。仕組み(システム)として機能するようにデザインされていなければならいのです。

続きを読む »

Tagged with:
 

昨日のエントリーが最新記事というのもアレなので、もう少しまともな記事をあげときます。

新訳 現代の経営〈上〉 (ドラッカー選書)

成功している組織にはリーダーが必ずいます。

続きを読む »

Tagged with:
 

コンサルタントとして企業コンプライアンスに関するテーマを暫々扱います。コンプライアンス部門は実に地味な扱いを受けるケースが多く、通常は目立ちません。これは、「事が起きないように先回りして手を打つ」のが仕事だからです。しかし、一旦事が起きると「コンプライアンス部門は一体何をしていたんだと!」と矢面に立たされるという、何とも割にあわない仕事です。

続きを読む »

Tagged with:
 

誰にお会いしても震災関連の話題が多い。このブログも震災関連の記事が多くなってるので、今日は本業っぽい記事を少々書いておきます。それも結構大ネタです。

マーケティングはそのまま経営用語として「和訳」されずに使われてます。「なぜ?」という疑問を抱いた事はありませんか?日本語には適切な言葉が見当たらないからでしょう。私は「経営活動」と訳します。つまり、マーケテイングは経営活動の全体を示すといって良いと考えています。だから、経営の中心に据え、諸施策を考えます。下記はアメリカマーケティング協会の定義です(2007年に改訂されています)

続きを読む »

Tagged with:
 
1 / 3123